無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月21日 (火)

点字図書館に生涯をささげた和泉さん

 和泉真佐子さん追悼ミサ説教

                    2011年6月21日、四谷・ニコラ・バレ聖堂にて

 聖書朗読 テモテへの手紙(一テモテ2・4-7)
 福音朗読 ヨハネによる福音(ヨハネ3・16-21)

 今日は、今年の3月18日亡くなられましたマリア・モニカ和泉真佐子さんを偲びながら、和泉産の永久の平安を願ってごミサをおささげます。 和泉さんは1924年にお生まれになり、1945年、戦争の終わった年に昭和女子薬学専門学校を卒業され薬剤師になられました。(卒業後就職されましが薬剤師としてお仕事をされたのかどうかわかりません。)
 1949年に洗足教会で塚本昇次神父から洗礼を受けました。1953年に塚本次神父から「点字の本づくりを手伝ってほしい」と頼まれてから以後58年の長きにわたり一筋に、点字図書館のために働き、生涯を点字図書館のためにささげられました。ただ一筋、目の見えない人々のために生きられた泉さんの生涯にあらためて敬意をささげたいと思います。
 和泉さんと塚本昇次神父のお二人が創立した『カトリック点字図書館』は現在、「ロゴス点字図書館」となっています。そしてロゴス点字図書館はカトリック会館の部屋をお借りしておりますが、会館の隣はカトリック潮見教会です。潮見教会は蟻の町のマリアといわれる、エリザベット・マリア北原怜子さん縁の教会です。
 そこで気がついたのですが、北原さんも和泉さんが学ばれた、おなじ昭和女子薬学専門学校を卒業され、薬剤師の資格を取得されました。しかし、薬剤師の仕事にはつかないで、蟻の町に住み、廃品回収業の人々を共に生き、28歳で生涯を終えられたのです。同じ学校で学ばれ薬剤師の資格を所得したが薬剤師としてのお仕事を選ばないで、貧しい人々あるいは障がい者のために生涯をささげられた、という点が和泉さんと北原怜子さんお二人に共通しています。
 ちなみに和泉さんは北原怜子さんより5年前にお生まれになっています。(1924年) お二人の間にもちろん相違点があります。北原さんの生涯は短く、また彼女は生前から有名になりましたが、和泉さんの86年の生涯は地味でありました。和泉さんは有名になることもなく、ただひたすら奉仕の日々を神様におささげになりました。そのような生涯を本日はしみじみ偲びたいと思います。
 ところで北原怜子さんは短い生涯の間に点字を学んだことがあるそうです。松井桃楼さんの残された『点字と蟻の町のマリア』という文章によれば、蟻の町の食堂で働いていたおばさんの娘さんが目の見えない子でした。その子からくる点字の手紙をお母さんが読めないので、代りに読むために北原さんは点字をならったそうです。奇しき縁(えにし)と言うべきでしょう。
 先ほど読まれましたヨハネの福音で次のように言われています。
 「神は、その独り子をお与えになるほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」 
 和泉さんは主イエスを信じ、信仰のあかしとして、点字図書館に生涯をささげるという召命の道を選ばれました。仏教に、「一隅を照らす」と言う言葉がありますが、和泉さんは点字図書館のお仕事を通してキリストの復活の光を灯し続けて周囲の人々を照らし、また同時に、すべての人が救われて永遠の入ることを望まれる神様がおられるということを静かに伝えられたのだ、と思います。今は生涯の労苦から解放され、主キリストのもとで、永久の安らぎに与り、神様を目の当たりにする幸せにあずかられますよう祈りましょう。

2011年6月12日 (日)

Pentecost Sunday

Today’s “hero” is the Holy Spirit.

Homily at the Diocesan Joint Confirmation Mass on Pentecost Sunday, 12 June 2011

Dear brothers and sisters in Jesus Christ,

It is Pentecost Sunday today. And today’s “hero” is the Holy Spirit.

We believe in the Trinity God, the Father and the Son and the Holy Spirit. We can have a vivid image on the Son, Jesus Christ by reading the Gospels. And we also feel familiar with God,the Father, to whom we often offer “Our Father” and other prayers, not to speak of Mass. But what can we say about the Holy Spirit? Holy Spirit may be expressed with symbol of “fire “or “dove”, but we cannot see the face of the Holy Spirit. How can we consider about the Holy Spirit.?

The Holy Spirit is the breath of God. We are unable to see breath of human, but certainly it exists. The same can be said about the breath of God. God creates the world and human beings with his own breath and always making the world new. The world is always being renewed and finally shall be renewed as the world realized completely according to the will of God.

At the same time the Holy Spirit is the breath of Jesus Christ. Jesus Christ poured the Spirit upon the Apostles and founded the Church, and sent the Apostles all over the world. They received the forgiveness of sins through the Spirit and also received the mission to give the forgiveness of sins with the work of the Holy Spirit. Now the Church is a big family of God throughout the world.

Today we are together in this Cathedral to celebrate the Sacrament of Confirmation. Among those who are going to receive the Sacrament, there exist many differences in many points just like there are many parts in our body, for example, hand, leg, eye, ear, mouth and so on.

Our Church is composed of various people of various roles and services.

I would like to ask each of you with what you want to serve God. What a role do you have as your own role different from others?

What were you born to do in his world? What is the reason that there are so many differences among us?

I believe that it is for us to help one another and respect one another to build a beautiful family of the God.

Through the Confirmation God grant us the seven Gifts of the Spirit. They are the spirit of wisdom and understanding, the spirit of right judgment and courage, the spirit of knowledge and reverence, the spirit of wonder and awe. They are given you so that you may fulfill your role and mission better in your life.

In these 7 graces, wisdom and courage are included.

In the new-year’s card of this year, I sent the following prayer.

Serenity Prayer

God grand me the serenity to accept the things I cannot change…

Courage to change the things I can,

And wisdom to know the difference.

(It is reported that this was written by Reinhold Niebuhr

 Unexpectedly we are spending this year as the year of the Great Eastenr Japan Earthquake. We need more wisdom and courage to confront this difficulty.

Therefore I give you this prayer to all of you who are going to receive the Sacrament of Confirmation.

聖霊降臨

〈主人公〉は聖霊 ―2011年教区合同堅信式-

2011年6月11日・聖霊降臨の主日、東京カテドラル関口教会にて

第一朗読 使徒たちの宣教(使徒言行録2・1-11)
第二朗読 使徒パウロのコリントの教会への手紙(一コリント12・3b-7,12-13)
福音朗読 ヨハネによる福音(ヨハネ20・19-23)

皆さん、聖霊降臨の日を迎えました。今日は、聖霊がいわば、「主人公」である日です。
わたしたちは「父と子と聖霊」の三位一体の神を信じています。
わたしたちは、子である主イエスについては、福音書を通して非常に生き生きとしたイメージを持つことができます。また父である神は、いつも『主の祈り』などの日々の祈り、ミサなどで祈りをおささげしていますので身近に感じています。しかし聖霊についてはどうでしょうか?聖霊は「火」、あるいは、「鳩」というシンボルで示されていますが、その顔が見えません。聖霊についてどう考えたらいいのでしょうか?
聖霊とは神の息です。人間の息は、目には見えませんが、確かに息は存在しています。同様、神の息は見えませんが確かに存在し働いています。
神はご自分の息で世界を創造し、人間を造り、また絶えず世界を新たにしています。最後には世界は聖霊の働きによって神の御心にかなう存在に変えらるでしょう。また聖霊は主イエス・キリストの霊です。キリストは聖霊降臨のときに使徒たちにご自分の霊を注ぎ、教会を設立しました。使徒たちは聖霊を通して罪の赦しを受け、今度はさらに聖霊の働きによって人々へ罪の赦しをもたらし伝えるために派遣されました。いま教会は全世界に広がる、大きな神の家族となっています。
さてこのわたしたち教会のメンバーの間には互いに違いがあります。そもそもこの地上には、まったく同じという人は存在しません。神はそれぞれの人を互いに違う存在としてお造りになりました。それは人間の体にいろいろな部分がありことに似ています。人間には、手と脚、目、耳、口・・・の種々の部分がありそれぞれの働きがあります。教会も同じようにそれぞれ違う働きをする人々から成り立っています。
今日堅信を受けられる皆さん、神があなたに望んでいる働きは何ですか?他の人とは違うあなたの役割は何でしょうか?今日はそのことをよく考えてください。自分は何をするためにこの世に生を受け信者になったのでしょうか?
わたしたちの間に違いがあるのは何故でしょうか?それは、互いに助け合い尊敬しあいながら、美しい世界を建設するためである、とわたくしは思います。
今日はこれから堅信式が行われます。堅信を通して、神はそれぞれの人が自分の役割をよく果たすことができるよう、聖霊の7つも賜物を授けます。それは、知恵と理解、判断と勇気、神を知る恵み、神を愛し敬う心、です。このなかに知恵と勇気が含まれています。
実は、わたくし、今年の年賀状に次の祈りを記しました。静けさの祈り(Serenity Prayer)という祈りです。
  神さま、わたしにお与えください、
  変えられないものを受け入れる心の静けさを、
  変えられるものを変える勇気を、
、 そしてその二つを見分ける知恵を。
(ラインホールド・ニーバーと言う神学者の作と伝えられています。)
2011年は図らずも東日本大震災の年となりました。この困難に立ち向かうためには知恵と勇気が必要です。あらためてこの祈りを、堅信を受ける皆さんに差し上げたいと思います。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »