無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

「地上の平和」と愛のネットワーク

 修道誓願宣立25周年、50周年、60周年を迎えられた十一人のシスターの皆さん、おめでとうございます。
今日の福音はイエスが12人を選んで派遣する際に言われた言葉です。「人々を警戒しなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれるからである。また、わたしのために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。」(マタイ10・17-18)     イエス自身、ユダヤの宗教の指導者たちから反感を買い、排斥され、ついに十字架刑によって処刑されるに至りました。
 イエスの身に起こったことはイエスの弟子たちにも起こります。弟子たちはその信仰のゆえに迫害されました。しかしいのちをかけて信仰の証しをおこない、殉教しました。昨日6月29日に記念した聖ペトロ・聖パウロはその模範であります。二人ともローマで殉教し、教会の礎となりました。
 キリスト教はローマ帝国で迫害されましたが、信徒の数は増加し、やがて公認され、さらに皇帝も信徒となり、4世紀の終わりにはキリスト教は国教となったのです。いわばキリスト教は体制の宗教となりました。
 わが国日本には、ご存知のように、1549年に聖フランシスコ・ザビエルによってキリスト教が日本に伝えられ、またたくまに多くの人が信徒なり、教会は大いに発展しました。しかし、キリスト教の存在に危険なものを感じた国家権力はキリスト教を禁止しました。その結果、何万人もの人が殉教したと伝えられています。長い禁教の時代を経て明治政府はキリスト教禁止の高札を撤去しました。さらに1889年には大日本国憲法が発布され、条件付ながら、信教に自由が認められるに至りました。
 「信教の自由」は人類の多年にわたる努力と戦いの結果、認められるに至った最も重要な基本的人権です。現行の、わが日本国憲法も「信教の自由」を国民に保障しています。
  2015年は長崎の大浦天主堂でキリシタン信徒が発見されてからちょうど150年にあたります。いまわたしたちは教会の歴史の転換点に立っています。この節目のときを迎えて、これからの日本の福音化・福音宣教をどのように行ったらよいでしょうか?この問題を司教だけでなく、日本の教会の信者、皆で考えていただきたいと思います。
 以下、今こころに浮かぶことを三点述べてみます。
1)今年はヨハネ二十三教皇が『地上の平和』という回勅を発表して五十周年を迎えます。先日、日本の司教たちは『地上の平和』の勉強会をもちました。東京教区も今年の『平和旬間』では『地上の平和』を学んでいただくよう、呼びかけています。いままで日本の司教協議会は平和・人権について繰り返し発言してきました。特に戦後50周年、また60周年に際して司教団は平和についてのメッセージを発表しました。そのような発言は第二ヴァチカン公会議の教えに基づくものです。平和のために働くことはキリスト者の大切な使命です。わたしたち教会は、先ほど述べたような教会の歴史に学び、国家権力にたいしては、適切な距離を置かなければなりません。そして、賢明に、しかし、勇気を持って、平和のために発言する「預言者」の役割を果たさなければならない、と思います。
2)現代社会のもっとも深い問題は何か、と自らに問うに、人々の「孤独」という問題に思い至ります。多くの人は人とのつながりを失い、生きがいを失いがちです。祈りと共に行う、神の愛の分ち合いのネットワークを造り広げることが教会の使命ではないか、と考えます。
3)まずわたしたち教会の中でそのようなネットワークがしっかり整えられなければなりません。外の問題を問うと共に自分自身の中の問題を問うことが必要と思います。聖霊の導きを祈りましょう。

2013年6月29日 (土)

殉教ー人間に従うよりも、神に従わなければなりません

きょう6月29日は聖パトロ聖パウロの祭日です。聖パトロ聖パウロは初代教会の中心的な指導者であり、紀元60年代半ば、ネロ皇帝のときにローマで殉教しました。
今日のミサの叙唱は二人の果たした使命を次のように簡潔に要約しています。
「ペトロは使徒の頭として信仰を宣言し、イスラエルの小さな群れから初代教会を造り、パウロはキリストの神秘を説きあかし、異邦の民の使徒となりました。」
使徒パトロはこのイエス・キリストへの信仰のゆえに処刑され、殉教しました。使徒パウロもローマで殉教しました。
殉教を前にしてその心境を語っています。
「今や、義の栄冠を受けるばかりです。」(ニテモテ46)二人は代表的な殉教者、教会の礎となった聖人です。
殉教とは「信仰の真理、道徳を守るために生命をささげる行為」を指し、もともと殉教とは「証し」を意味し、殉教者と「信仰の証人」を意味しています。*
殉教は多くの場合、国家権力により、政治的動機で行われました。ペトロもパウロも地上の権威を否定したわけではありません。使徒たちは、唯一の神を礼拝し、神の御心をすべてに超えて第一にする、という信仰を守りました。ペトロと使徒たちは証言しています。「人間に従うよりも、神に従わなければなりません」(使徒言行録5・29)
そのようなキリスト教徒の存在がときの国家権力にとって統治の妨げであると考えられ、ローマ帝国では初代教会時代、しばしば迫害が起こりました。しかし、キリスト教徒が増加し、社会的な勢力を増すにつれて、キリスト教は公認され、さらに国教とさえなったのです。キリスト教はローマ帝国の統治のためにかえって有用な存在と認められました。いわばキリスト教は体制を支える宗教となりました。さらにキリスト教が繁栄するに従い、教皇や司教は地上の領主としての権力と領地を所有するようにさえなりました。
宗教教団と国家権力の関係は実に微妙であります。特定の宗教団体が国家権力を担うと、他の宗教の信者の信仰の自由、他の信条の思想の自由が危機に瀕することも起こりえます。
  1549年に日本に伝えられたキリスト教は瞬く間に多くの人々に受け入れられるに至りましたが、当時の権力者にとっては、日本という国の在り方、基本構造を揺るがす危険な宗教と思われました。さらに、当時世界に覇を唱えていたスペインやポルトガルの軍事侵略も危惧されたと言われています。キリスト教禁教は統治者から見れば、国家・国土・国民を外国の侵略から守るための処置と考えられたと思います。明治維新後の1873年になって、外国からの圧力を受け、やっと、キリシタン禁制の高札が撤去されるにいたりました。 そして1889年、大日本帝国憲法が発布され、「安寧秩序を妨げずかつ臣民としての義務に背かない」(第28条参照)という限定付ですが、信教の自由が認められました。さらに、現行の日本国憲法ではそのような制限は外されています。(第20条第1項}
国家は個人のためにあるのであり、個人が国家のためにあるのではありません。国家に権力が与えられているのは、国民のため、とくに国民の基本的人権を擁護するためであります。この点についてヨハネ・パウロ二世教皇の次の言葉を是非深く心に刻みたいものです。
「現代の教会という立場から、わたしはどうして識別の欠如を嘆かずにかられましょうか。それは時々、黙認に陥り、多くのキリスト者は、全体主義政権による基本的人権の侵害を見過ごしてしまいました。・・・いったいどれだけ多くのキリスト者が教会の社会教説の原則を理解し、実行しているかと問うてみる必要があります。」(教皇ヨハネ・パウロ二世使徒的書簡『紀元2000年の到来』36項)
わたしたちキリスト者は、国家にたいして賢明な態度をとり、距離を置き、場合によっては適切で勇気ある言動を取らなければなりません。第二ヴァチカン公会議の教え、また教会の社会教説を学ぶようにいたしましょう。聖霊がわたしたちを正しく導いてくださいますように。アーメン。
*、「殉教」ギリシャ語のマルティリオンmartyrion の日本語訳です。キリシタン時代はポルトガル語のままマルチリヨと呼んでいました。殉教して信仰の証人となった人が殉教者(ギリシャ語でmartys、英語ではmartre)です。

2013年6月27日 (木)

聖ペトロ聖パウロ・聖職者の集い、ミサ説教

                                                 2013年6月24日、東京カテドラル
昨年の10月11日に始まった「信仰年」は8ヶ月が過ぎ、本年の11月24日、「王であるキリスト」の祭日に終了します。信仰年にあたり、わたしたちは自分の信仰を振り返り、確かめ、深め、そして信仰のあかしを行い、信仰を多くの人に伝えるように努めております。わたしたちは、「信仰年」にあたり、あらためて、主イエスの福音を現代の日本で生きる人々の心に響くような表現、方法、熱意をもって伝えたいと、切に願い、そのために努力しております。
現代の荒れ野において、主イエスにおいて示された神の愛を、どのようなことば、態度で表し伝えたらよいのか、というこの課題をわたくしたちは、真摯に追求したいと考えております。悩み迷い苦しんでいる人々に、やさしく心に響くように、慰めと励まし、勇気となるようにと、神の慈しみを現し伝えることが出来ますよう、聖霊の導きを祈りましょう。
 使徒ペトロはイエスに対して「あなたはメシア、生ける神の子です」(マタイ16・16)と立派に信仰告白しました。彼は、イエスの受難の際、三度もイエスを「しらない」というと過ちをおかしましが、殉教の最後を遂げて、立派に信仰をあかししたのでした。神の恵みは人間の弱さの中に働きします。使徒ペトロの生涯の物語は、弱いわたしたちとって大きな慰めであり励ましであります。
 本日祝うもう一人の使徒パウロは、異邦人に派遣された使徒でありました。パウロは多くの困難のなかで使徒の務めを果たし、殉教しました。
 パウロもさまざまな試練を体験しました。パウロには、彼が「とげ」とよぶ、何かの問題があり、彼はそれを取り去ってくださるよう主に願いました。このパウロに対しても主は言われました。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ。」(2コリント12・7-9参照)
 パウロはコリントの信徒への手紙、二のなかで自分の苦労を列挙しています。「(わたしは)苦労したことはずっと多く、・・・しばしば旅をし、・・・苦労し、骨折って、しばしば眠らずに過ごし、飢え渇き、しばしば食べずにおり・・・その上、日々わたしに迫るやっかいな事、あらゆる教会についての心配事があります。」(2コリント11・23-28)
 「やっかいな事」と「教会についての心配事」とは何でしょうか?非常に真に迫った表現です。その後パウロは言っています。「誇る必要があるなら、弱さにかかわる事柄を誇りましょう。」(コリント二11・30)
実にわたしたち司祭は、「土の器」(2コリント4・7)というもろい人間性に司祭の尊い使命を受けました。この弱い人間を通して神の恵み、神の光、神の力があらわれ伝えられますよう、ただ祈り、お願いするのみであります。
  最後に一言この機会を借りて皆さんにお伝えすることがあります。 6月19日付け書簡で、教皇庁典礼秘跡省は、ミサ奉献文の二、三、四のなかに、聖ヨセフの名前を追加することように、と布告しました。教皇フランシスコが前任者ベネディクト十六世の意向を受け継いでの決定である、とのことです。ミサのカノンのなかに「神の母聖マリア」の次に、聖ヨセフの名前を唱えることになります。後日、日本の司教協議会を通して正式の知らせがありますが、今日あらかじめお伝えいたします。 よろしくお願いします。

2013年6月23日 (日)

本郷教会ペトロ祭

 わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」(ルカ9・23)
 非常に厳しいお言葉です。イエスは、ご自分の受難、死、そして復活の予告をした直ぐ後にそのように言われました。この言葉は、イエスの受難と復活という文脈のなかで読み取らなければなりません。イエスは弟子となるものに、各々自分の十字架を背負ってイエスに従うことを求めています。しかし、自分の十字架を担うものはキリストの復活にも与ることになる、とイエスは教えています。
 ところでイエスは次のようにも言われました。 「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイ11・28)
 この言葉はよく教会の掲示板などに掲げられています。実際、この本郷教会の玄関の掲示板にもこのイエスの言葉が出ています。
 もし、掲示板に、「疲れた者、云々・・・」と言う聖句ではなく、いきなり、「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」(ルカ9・23)と言う聖句が掲げられていたら、それを読んだ人は怯(ひる)んでしまい、「教会にいってみよう」とは思わないだろうと想像します。
 人が生きるとは大変なことです。人生には四苦八苦の苦しみが伴うのです。人は安らぎを求めているのです。そのような人にいきなり「十字架を担いなさい」と言うのは、酷(むご)いことです。しかし、「十字架を背負って着いてきなさい」と言われる方が、また、疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」とも言われました。さらに続けて、「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである」(マタイ11・29―30)と言われたのです。
 十字架と軛は同じでしょうか?似てはいますが同じであるとはいえないでしょう。しかし、それが重荷であり苦悩であり、苦痛である、と言う点は共通しています。 
 十字架を担いなさい」といわれた同じイエスが「わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる」といわれたことをわたくしは深く心に留めたいと思います。 
 今日は本郷教会の保護の聖人ペトロをお祝いする、本郷教会ペトロ祭の日です。
 受難の予告を聞いたペトロは、言いました。「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しています。」(ルカ22・33)いわば大見得を切ったのです。しかしその結果は惨めでした。イエスの予告通り、ペトロは鶏のなく前に三度、「イエスを知らない」と言ってしまったのです。ペトロは自分の弱さを知りました、そのペトロをイエスは赦します。イエスの愛に包まれペトロは、深く悔いあらため、ローマで殉教の最後を遂げました。 
 人生は苦労の連続であり、労苦はまるで人生の軛のようです。しかし、イエスは言われました。「わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」 神の御心にしたがってそれを担いささげるときに、それはイエスの過ぎ越しの神秘につながる愛の行為となります。
 使徒パウロも言っています。「今わたしは、あなたがたのために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを身をもって満たしています。」(コロサイ1・24)
 どうか主イエスよ、あなたがともに担ってくださる軛は負いやすく軽いことをさとらせってください。わたしたちが自分の十字架を背負うことを通して、死からいのちへの過ぎ越しの神秘を深く悟ることが出来ますように。アーメン。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »