無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月12日 (水)

ともに平和のために戦いましょう

聖公会・カトリック教会合同祈りの集い 2015年8月3日、川越教会にて
第一朗読 エゼキエル36・24-28
福音朗読 ヨハネ17・1a,20-26
(説教)
日本聖公会の皆さん、きょうはカトリック川越教会までようこそお越しくださいました。御礼申し上げます。
きょう読まれました福音、ヨハネの福音17章は、イエスが世を去る直ぐ前に弟子たちに残した「祈り」を伝えています。
「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります。」(ヨハネ17・21)
きょうわたしたちは、ここカトリック川越教会に集まって共に祈っています。それはこのイエスの祈りに応えるためです。「みなが一つになるように」というイエスの願いに少しでも適うようにと、共に祈り、共に力を合わせるためであります。 わたしたちが一つになるためには、同じイエス・キリストにおいて一つになるのでなければなりません。いやそうする以外にわたしたが一致する道はないと思います。
勿論わたしの間にはいろいろな違いがあります。一つになるということは、違いがないようになる、ということではありません。むしろその違いを認め互いに互いに相手を敬い、相手を大切にし、互いに助け合い、世の悪と一緒に戦うためである、と思います。
イエスはこの同じ祈りのなかで次にように祈っています。
「わたしは彼らに御言葉を伝えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないからです。わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。」(ヨハネ17・14-15)
イエスは、わたしたちが悪から守られるように、と祈りました。わたしたちは日々主の祈りを唱え、「わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお守りください」と祈っています。わたしたち自身、このイエスの祈りに応えて悪との戦いを闘っていかなければなりません。
このわたしはこの闘いにか中に、差別との戦いが含まれていると思います。あらゆる差別をなくすように努めることがイエスの弟子たちの務めです。
また暴力という悪と闘うことはもっとも大切な努めであると思います。暴力のなかで特に大きな悪は戦争であります。 イエスは言われました。
「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる。」(マタイ5・9)
この主イエスの言葉は世界の中で告げられ、すべての人によって平和を築くための励ましの言葉です。
日本のカトリックの司教たちは戦後70周年に当たり、メッセージ「平和を実現する人は幸い―いまこそ武力によらない平和を」を発表しています。(2015年2月25日) 第二次世界大戦の悲惨な体験から、二度と戦争を起こさないという堅い決心をし、わたしたちは戦争を放棄し、紛争解決のためには武力を行使しないという決意を全世界に向かって表明してこの70年を歩んできたのです。 戦争放棄という理想はキリストの福音そのものがすべての人に求めている、総ての人がめざし守るべき目標であります。
イザヤの預言で次のように言われています。 「彼らは剣を打ち直して鋤とし  槍を打ち直して鎌とする。  国は国に向かって剣を上げず  もはや戦うことを学ばない」(2・4)
戦争、軍備、武器のためにどんなにか多くの軍事費が使われていることでしょう。剣を鋤に、槍を鎌に打ち直すということは、武装を解除し、武器を平和と幸福のために道具に添加するということです。これが人類の理想です。現実はこの理想から程遠いのですが、この理想に向かって歩んでいかなければなりません。
武器を放棄するということには心の武装解除が伴わなければなりません。心の武装解除とはわたしたちの間での信頼と友情を生み出し育てること、醸成するということであります。イエス・キリストの十字架は民族の間の隔ての壁を打ち壊しました。わたしたちは同じ神の子として、ともに祈り、ともにイエスの十字架に学ぼうではありませんか。 平和のために働くことは日常の祈りと行為の積み重ねです。キリストの十字架に倣い、互いに痛みと苦しみを担い合い、喜びと希望を分かち合って歩んでまいりましょう。それがキリスト者の平和への道であると信じます。  

the Ten Days Appeal for Peace

H1omily for the Mass celebrating the Ten Days Appeal for Peace

August 8, 2015 at St. Mary‘s Cathedral, Tokyo

First Reading: The book of Isaiah 48:17-18

Second Reading: letter to the Ephesians 2/16-22

Gospel: Mathew 51-10

In the sermon the mount, Lord Jesus said, “Blessed are the peace makers, for they will be called children of God.”(Am. Bible Mathew 59) Being a peace maker is not only the responsibility of every Christian, but also of all the people on earth.

There are two phrases that always come to my mind whenever I think of peace.

The first is the “defences of peace”.  This is a famous phrase that appears in the introductory paragraph of the UNESCO constitution: “Since wars begin in the minds of men, it is in the minds of men that the defences of peace must be constructed; That ignorance of each other‘s ways and lives has been a common cause, throughout the history of mankind, of that suspicion and mistrust between the peoples of the world through which their differences have all too often broken into war.”(1949)

What are the causes of war? Poverty, discrimination, and disparity can be thought of as the cause of anxiety, fear, hatred, and hostility. These may have tendency to cause deep wounds in people‘s hearts and trigger war. It is an absolute necessity to work towards eliminating these negative tendencies that cause war.

In this connection, the introductory paragraph of the Japanese constitution left a deep impression on me.

“We, the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship, and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.”

We have to realize this “determination” at all cost. For this reason, Japan has forever renounced the use of force. This is indeed the important testimony that we have realized the “defence of peace” in our hearts.

The second phrase that I recall is “disarmament of heart”. This phrase appears in the proclamation of the Japanese Catholic Bishops celebrating the 50th anniversary of the end of World War II, “The Resolution for Peace”.

“The peace we seek is based on the reconciliation between man and God, which in turn is based on Jesus‘ cross and resurrection. As believers, our approach to peace must have Christ in the center. Only by being one with Christ, and with His support and leadership, would we obtain peace. In the occasion of the last supper, Christ established the celebration of the Mass by wishing that “all of us become one”. Through the Mass, Christ shines upon those of us who march towards the realization of peace, and gives us strength to reach the goal. ・・・ To us humans, who are disunited with hatred caused by our sin - Christ brings fire of love and leads us to the ‘disarmament of heart’. He heals our wounded hearts, brings oneness among peoples, and creates inner foundation for the everlasting peace.“ (cited from “The Resolution for Peace”)

It is important to cherish the phrase the “disarmament of heart”.

Today‘s second reading is from the Letter to the Ephesians. “For he is our peace, he who made both one and broke down the dividing wall of enmity, through his flesh, ・・・through the cross, putting that enmity to death by it. He came and preached peace to you who were far off and peace to those who were near.”(Ephesians214-17)

Christians are taught not to combat evil with evil, but to defeat evil with good. The article 9 of the Japanese Constitution is exactly in accord with this teaching. Japanese people are determined to renounce war as a method to settle any international dispute, and also not to retain any fighting power. Because of the article 9 of the Constitution, the Japanese people have not killed anyone nor gotten killed, in any war during the past 70 years.

We are all children of same God – and should learn together and pray together. To accomplish these, we have to: “commune with each other; help each other; and understand each other”.(from“The Resolution for Peace”)

To build up the “defence of peace” and cause the “disarmament of heart”, some preparation is necessary. It is important to prepare a right atmosphere. Not just by prayer, but we must act in accordance with our prayers, we have to ferment the right atmosphere.

This year‘s “Prayer for Peace 2015” shows us Christian daily goals that point toward the world peace. We must rely on God’s help, and work diligently to attain these daily goals, as children of God.

Peter OKADA,Archbishop of Tokyo

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »