無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月17日 (日)

菊地大司教着座式聖書朗読と説教の英語版

Scripture Readings and Homily for the Mass of Accession

of Most Reverend TARCISIUS KIKUCHI ISAO as Archbishop of Tokyo

St Mary’s Cathedral, Tokyo, December 16, 2017

 

The Epistle of St Paul to the Romans (12:2-10)

(1 I appeal to you therefore, brothers and sisters, by the mercies of God, to present your bodies as a living sacrifice, holy and acceptable to God, which is your spiritual worship.) 2 Do not be conformed to this world, but be transformed by the renewing of your minds, so that you may discern what is the will of God—what good and acceptable and perfect.

3 For by the grace given to me I say to everyone among you not to think of yourself more highly than you ought to think, but to think with sober judgement, each according to the measure of faith that God has assigned. 4 For as in one body we have many members, and not all the members have the same function, 5 so we, who are many, are one body in Christ, and individually we are members one of another. 6 We have gifts that differ according to the grace give to us; prophecy, in proportion to faith; 7 ministry, in ministering; the teacher, in teaching; 8 the exhorter, in exhortation; the giver, in generosity; the leader, in diligence; the compassionate, in cheerfulness.

 9 Let love be genuine; hate what is evil, hold fast to what is good; 10 love one another with mutual affection; outdo one another in showing honor.

 

The Holy Gospel according to John (1:1-18)

1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. 2 He was in the beginning with God. 3 All things came into being through him, and without him not one thing came into being. What has come into being 4 in him was life, and the life was the light of all people. 5 The light shines in the darkness, and the darkness did not overcome it.

 6 There was a man sent from God, whose name was John. 7 He came as a witness to testify to the light, so that all might believe through him. 8 He himself was not the light, but he came to testify to the light. 9 The true light, which enlightens everyone, was coming into the world.

 10 He was in the world, and the world came into being through him; yet the world did not know him. 11 He came to what was his own, and his own people did not accept him. 12 But to all who received him, who believed in his name, he gave power to become children of God, 13 who were born, not of blood or of the will of the flesh or of all the will of man, but of God.

 14 And the Word became flesh and lived among us, and we have seen his glory, the glory as of a father’s only son, full of grace and truth. 15 John testified to him and cried out, “This was he of whom I said, ‘He who comes after me ranks ahead of me because he was before me.’” 16 From his fullness we have all received, grace upon grace. 17 The law indeed was given through Moses; grace and truth came through Jesus Christ. 18 No one has ever seen God. It is God the only Son, who is close to the Father’s heart, who has made him known.

 

Homily

These words from the beginning of John’s Gospel have just been read: “There was a man sent from God, whose name was John. He himself was not the light, but he came to testify to the light” (Jn 1:6,8). John the Baptist himself was not the light, but was a witness to the light. This is also the mission of our Church in Japan today. I feel that it is our mission to carry on the mission of John the Baptist. We ourselves are not the light. We receive the light and we should witness to the light.

 Let us reflect again what the evangelizing mission of the Church in Japan should be.

It has been 468 years since St Francis Xavier brought the Gospel to Japan in 1549. Many excellent and outstanding missionaries of the Gospel have dedicated themselves to the mission of evangelizing Japan. However, I feel that the present situation of Japan still has a long way to go. I think we are still at the stage where the Old Testament becomes the New Testament. Surely, at this present time, don’t we need to carry on the role of John the Baptist and give careful and sincere witness to the Gospel of joy which is Jesus?

 In 1987 the Catholic Church of Japan held what was called The National Incentive Convention for Evangelization (NICE-1) and adopted as its aim: “building an open Church.” “To whom should the Church be open?” you may ask. It is to the poor and the powerless in society.

 The Lord Jesus became the friend and companion of people who were regarded as sinners, people who were despised, people suffering from illnesses and handicaps, people who were discriminated against. We want to learn from Jesus how to be a Church which is friendly to those who are aware of their weakness and sinfulness. We want to be a community which welcomes and offers solace to the physically and psychically ill and those who suffer from various disabilities. We want to befriend and encourage people who wander about in darkness and have lost sight of any purpose in life. Many people are so lonesome they can no longer see any reason for living. Everyone would like to enjoy human relations in which they are respected and treated as meaningful.

 It is painful to hear people say that they hesitate to set foot in a church, or that they went once but no one paid any attention to them. We want to be a church community that can be seen as open for anyone to enter and feel welcome.

 People are truly looking for salvation, which can be seen in actual statistics, in the statistics of those who take their own life. The actual cause of death among young people in Japanese society today is something we must take to heart. Statistics show that suicide is the major cause of death among people from 15 to 39 years of age. This is a very sad and regrettable situation. How should we religious people respond to this problem? In order to improve the situation, the Catholic Church in Japan must exert all its effort and offer its prayers for this purpose.

 So our mission as Church, is to show forth the light of Christ that we have received and become the body of Christ enlivened by the Holy Spirit. There are many members in the body of Christ, each with a different function. All of these are brought together into the one work of Christ. In today’s first reading, the Apostle Paul gave us a surprising admonition: “Love one another with mutual affection; outdo one another in showing honor.” (Rom 12:10) How is this admonition carried out among us? Don’t we rather point out failings and belittle one another? I hope we shall rather esteem one another’s strengths and merits, acknowledge each person’s role and ministry, and respect one another.

 In fact, it is not easy to put these words of St Paul into practice. As he had previously declared in his first letter to the Corinthians, there were divisions and confrontations in the church of Corinth (1 Cor 1:10-17). The gospels, too, tell us that even the 12 disciples were quite concerned about who was the greatest among them (Mk 9:33-37, Mt 13:1-5, Lk 9:45-48). On the other hand, we are also told that people outside the church, on seeing the first generations of Christians, said in admiration, “See how they love one another!” This surely shows that the following words from the Gospel of John were put into practice: “Just as I have loved you, you should also love one another. By this everyone will know that you are my disciples” (Jn 13:34-35). The Church grew and expanded thanks to the witness given by Christians through their love.

 If people who suffer and find it difficult to live in this tempestuous society of present-day Japan can see us living in close companionship, helping and loving and forgiving one another, perhaps that could be called our greatest evangelizing mission.

 Most merciful Jesus, pour out your Holy Spirit on us gathered here today, and grant us the grace to learn from you how to show forth the mercy of God in our daily life. Amen.

菊地大司教着座式説教

 

説教

ヨハネの福音の冒頭の部分が読み上げられました。

「神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。彼は光ではなく、光について証しするために来た。」(ヨハネ16-7)

洗礼はヨハネ自身は、光ではなく、光を証しする人でした。いまのわたしたち日本の教会の使命も。この洗礼者ヨハネの使命を遂行することではないか、と思います。わたしたち自身は光ではありません。光を受けて光をあかしすべきものなのです。

 

今あらためてこれからの日本の教会の宣教mission・福音化evangelizationの使命に思いを馳せます。

1549年、聖フランシスコ・ザビエルが日本に福音を伝えてから今年で468年が経過しました。多くの立派な優れた福音宣教者が日本の宣教mission・福音化evangelizationのために献身してきました。

しかしながら今の日本の状況はまだまだ遠い道のりを歩んで行かなければならないと感じています。まだ旧約聖書から新訳聖書に移行する期間に留まっているように感じます。まさに今こそ、丁寧に、誠実に、洗礼者ヨハネの役割を果たしながら、喜びの福音であるイエスの姿を現し伝えていかなければならないのではないでしょうか。

 

1987年、日本のカトリック教会は、第一回福音宣教推進全国会議(The National Incentive Convention for Evangelization)いわゆる「NICE-1」を開催し、「開かれた教会づくり」を目標に掲げました。

誰に対して開かれなければならないのか、と言えば、それは、貧しい人々、弱い立場の人人々へ開かれていなければならない、ということです。

 

主イエスは罪人とされて、蔑まれている人々、病気・障害に苦しむ人々、差別されている人々の友となりその仲間となりました。わたしたちは主イエスにならい、自分の弱さ、罪深さを知る者に優しい教会でありたいと願います。心身の病気、不自由に苦しみ悩む人々のよりどころ、安らぎとなる共同体でありたいと願います。行き暮れ迷い、生きがいを失っている人々の友となり励ましとなりたいと願います。

多くの人が孤独であり生きる意味を見失っています。誰でもその人として大切にされ尊敬される交わりを築き広げていきたいと願っています。

教会は敷居が高い、行きづらい、入りにくい、行ってみたがだれも相手にしてくれなかった、などの声を聞くのは辛いことです。どなたもどうか来てください、歓迎します、という様子と態度が見える、そういう教会共同体になりたいものです。

実にいろいろな人が救いを求めています。それは具体的な統計、自殺者の統計に現れています。ここにわたしたちが心して受け取るべき日本の社会の事実があります。それは若い人の死因に付いてです。なんとその第一位が自死(自殺)であるということです。15歳から39歳の世代の死因の第一は自殺という統計があるのです。

これは非常に残念で悲しい報告です。わたしたち宗教者はこの問題にどう答えたらよいでしょうか。この事実を改善するために日本のカトリック教会は全力を尽くし、そのために祈りをささげなければなりません。

 

さてわたしたち教会の使命は、キリストの光を受けたキリストを指し示すしるし、また聖霊を受けたキリストの体となる、ということです。キリストの体にはいろいろな部分がありいろいろは働きがあります。すべてはキリストおいて一つの働きにまとめられるのです。今日の聖書朗読で使徒パウロは驚くべき言葉をわたしたちに残しました。

12:10 兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。

(ローマ1210)

わたしたちの間でこのパウロのことばはどのように実行されているでしょか。お互いに仲間の欠点を指摘し、貶しあっている、ということはないでしょうか。もっと互いに相手の長所・美点を評価し合い、その人の役割と使命を認め、互いに尊敬し合うようにしたいものです。

 

実際、この言葉の実行は容易ではありません。既に新約聖書のコリントの信徒の手紙一が告げているように、コリントの教会の中に、分裂と対立がありました。(一コリント110-17)

また福音書が告げているように12人の弟子たちすら、自分たちの中で誰が一番偉いのか、ということが彼らの大きな関心事でした。(マルコ933-37、マタイ131-5、ルカ945-48参照)

他方、教会の外の人が、初代教会の信者たちを見て「なんと彼らは互いに愛し合っていることか」と感嘆の声を上げていた、とも伝えられているのです。まさにこれは次の使徒ヨハネの言葉が実行されていたことをも想起させます。

 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」(ヨハネ1334-359

教会はキリスト信者の愛の証しによって成長し発展してきました。

 

いわば現代の荒れのような現代の日本の社会の中で、生きづらさに苦しむ人々の目に、わたしたちが互いに助け合い愛し合い赦しあって仲良く生きている様子が伝わるならば、これにまさる宣教・福音化はない、とも言えるでしょう。

 

慈しみ主イエスよ、聖霊の注ぎを通して、あなたにならって神の慈しみを日々実行する恵みを、どうかここに集うわたしたちにお与えください。アーメン。

 

 

カトリック東京教区大司教を辞するにあたりぜひ伝えたいこと

岡田武夫大司教送別ミサ 2017年12月10日、関口教会

待降節第2主日を迎え、今日の聖書朗読、福音朗読を共に味わいながら、わたくしが、東京大司教として、このカテドラルで主司式する、最後のミサをお献げします。
第一朗読は、イザヤ書、40章です。イザヤ書は、わたくしにとりましても、大変大切な、心に深く響く、聖書の巻物であると、心から、ずっと、そのように思っておりました。
今日の箇所の中で、わたくしの心に強く迫ってくる言葉は、どれであるかと言いますと、 「見よ、主なる神。彼は力を帯びて来られ」という箇所です。
イザヤの40章は、バビロン捕囚という、イスラエルの民にとって、非常に、信仰から経験をしていたときに、告げられた言葉であると言われております。イスラエルの民に、ユダヤの民が滅ぼされ、そして、ユダヤの指導者たちは強制移住させられ、そこで、毎日、辛い経験をしておりました。そのときに、彼らの信仰は、清められ、強められ、そして、メシア、キリストへの信仰癡希望が、強く、彼らの心に刻まれてきたと言われております。
「どうして、わたしたちは、このような目にあっているのだろうか」という、彼らの日々の反省の中で、主なる神への信仰が清められ、希望が強められていきました。
わたくしが司教になりましたときに、日々の心構えとして、イザヤの40章の終わりの部分を選びました。今日の朗読箇所の後の部分ですが、その言葉は、「主に望みをおく人」という部分の言葉です。その前後を、もう一度読み上げて、みなさまに、最後の言葉として、お伝えしたいと思います。
「ヤコブよ、なぜ言うのか
イスラエルよ、なぜ断言するのか
わたしの道は主に隠されている、と
わたしの裁きは神に忘れられた、と。
あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦(う)むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。
疲れた者に力を与え
勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
主に望みをおく人は新たな力を得
鷲(わし)のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」(イザタ40・28-31)

「主に望みをおく人は新たな力を得る。」(イザヤ40・31)。
わたしたちは、厳しい現実の中で、力を落とし、失望するという経験を持つことがありますが、どのようなことがあっても、神への信頼、信仰、希望を新たにし、あくまでも、いつも「主に望みをおく人」として、神様からの力をお願いする。そのような者として歩みたいと、望みました。
今日は、待降節第2主日であり、主イエス・キリストのご降誕を、喜び、祝う準備のときですが、同時に、わたしたちは、主の再臨、「主イエス・キリストが、世の終わりに、ご自分の計画を、完全に成就し、父なる神の創造の働きが完成するために再びわたしたちの所に来てくださる」という、わたしたちの信仰を新たにし、希望を強めていただき、日々、愛の務めに励むことを、改めて確認する、大切なときです。

第二朗読を、ご一緒に見てまいりたいと思います。
わたしたちが生きている、この世界の現実の中には、混乱、不条理、矛盾という現実があります。そして、人間と自然界との関係も、うまくいっていない。 教皇フランシスコの「ラウダート・シ」という教えを、みなさん、ご存知ですね。
神様のお造りになった、この世界、自然が、本来の姿を傷つけられ、自然界と人間との関係に破たんが生じているということを、教皇様は指摘しております。
神の救いの働き、贖(あがな)いの働きは、人間はもちろんのことですが、この世界の、神様がお造りになったすべてのものを、神のお望みになる、新しい天と、新しい地に、造り変えてくださる。そのような、神様の計画を、わたしたちは、改めて信じ、神様のみ心に希望を持って、日々を歩んでいかなければならないと、今日の福音朗読が告げていると思います。
「その日、天は焼け崩れ、自然界の諸要素は燃え尽き、熔け去ることでしょう。しかしわたしたちは、義の宿る新しい天と新しい地とを、神の約束に従って待ち望んでいるのです。」(ニペトロ3・12-13)
わたしたちは、毎日、いろいろなことをしなければならない。いろいろなものに囲まれ、捉われて、そして、神様のみ心を見失いがちです。 本当に大切なことを第一にして、生きていくことから、逸れてしまっている日々を、わたしたちは送っているのではないか。いろいろなことがあり、いろいろなものがあるが、そのようなものは、すべて、いつかはなくなる。過ぎ去ってしまう。神のみ心に従って生きる。わたしたちの、愛の行いだけが、永遠のいのちを持っているのであると、聖書は謳っているのではないかと思います。

さて、日本の教会の、これからの歩みを、改めてご一緒に考えてみたいと思います。 ご承知のように、1549年、聖フランシスコ・ザビエルが、日本に福音を伝えてくださいました。それから、400年、500年が経過しています。 日本のカトリック教会は、第二ヴァチカン公会議の教えを受けて、主イエス・キリストの福音をのべ伝え、日本の社会の福音に適ったものに変えていくために、力を尽くしたいと考え、日本の司教協議会が主催して、福音宣教推進全国会議という、画期的な会議を開催しました。今から30年前、1987年のことです。
わたくしは、それから13年後、大聖年の年ですが、2000年9月3日、こちらで、東京大司教に就任し、着座式が行われました。いま、東京大司教の任務を終了するにあたり、17年前の9月3日に、みなさまにお伝えしたことを、もう一度、思い起こし、そのときに、みなさまにお願いしたことを、改めて、お伝えしたいと思います。
第1回福音宣教推進全国会議、NICE-1では、「開かれた教会づくり」を目標に掲げました。誰に開かれた教会であるかというと、もちろん、すべての人に開かれているという意味ですが、わたしたちの教会は、非常に近づきにくい、苦しんでいる人、悩んでいる人、あるいは、自分のような者は、とても、キリスト教の教えには縁がないと思う人、病気の人、体だけではなく、心に問題を感じている人、周りの人からも変わっていると思われている人、そのような人が温かく受け入れられ、大切な人として扱われ、自分の居場所がある、安らぎがある、慰めがある、生きる意味を見いだすことができる、そのような教会になりたい。もちろん、そのようになっている部分もありますから、みなさまは、教会に来られているのだと思いますが、多くの人にとって、わたしたちの教会は、自分にとって、安らぐことができる、そういうものになっていないというのが、現実です。 わたしたち自身の間にも、なかなかうまくいかない、いろいろなことがあると思います。どうか、聖なる助けによって、そのような現実の中で、互いに受け入れ合い、ゆるし合い、そして、不完全な人間、弱い人間、道から外れてしまう人間同士が、支え合い、助け合う、そのような教会が、成長し、広がって行きますよう、心から願い、祈ります。
弱い人間が、そのようにできるためには、神の助け、聖霊の導きが必要です。わたしたちは、父と子と聖霊を信じています。特に、人間としてのナザレのイエスが去ったときに、わたしたちに聖霊を注いでくださった。聖霊は、いまも、いつも、わたしたちとともにいてくださいます。聖霊の導きを信じ、そして、このような自分も、神から赦され、受け入れられている者であるという信仰を、より強くしていただき、お互いに、ゆるし合い、助け合う、そのような、キリスト教会の姿を、人々に表し、伝えていきたい。
教会に行ったけれども、冷たかった。だれも、わたしのことを認めてくれない。もう、そのようなところには行きたくない。そのような言葉を、聞かないわけではない。わたしたちには、そのようなつもりはありませんが、外から見ると、わたしたちの教会は、そのように見えることがあるようです。 わたしのような者でも、そちらに行けば、ほっとする。そのような交わりを、わたしたちの教会は、もっとしっかりとしたものに押し広げていきたい。
教皇ベネディクトは、即位されたときに、「現代の荒れ野」ということを言われました。本当に、生きることが難しい、この社会、この時代、わたしたちのつながりのなかで、生きる力、生きる希望を、日々見出すことができるよう、そのような教会でありたいと思います。

ヨハネの言葉を、最後にお伝えします。 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」(ヨハネ13・34)

« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »