無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月

2018年3月29日 (木)

聖香油のミサ2018

桜の花が美しく咲いている、この前橋の教会に集まって、今年の聖香油のミサをお献げ致します。思い出してみると、4年前もこの前橋で聖香油のミサを献げました。それは416日でした。その前に、321日、山口一彦さん、高橋史人さんのお二人が司祭に叙階されています。そこで、司祭の叙階の時にしていただいた約束について話しました。そして次のように言ったのであります。

「司祭は自分の務めを実行するに際して、試練に出会い、また誘惑を受けることが少なくありませんが、主イエスに倣い、試練に打ち勝ち、誘惑を退け、互いに赦し合い、励まし合い、互いのために祈るようにしなければなりません。」 

その翌年は、浦和教会で聖香油のミサを献げました。

聖香油のミサというのは、司祭のためのミサのようなミサなので、どうしても司祭についての話が多い。やはり同じように、司祭に叙階される時の約束の更新について述べています。そして、その年はわたしども日本の司教がローマの使徒座(バチカン)訪問の年で、帰国して間もなくの時でありました。そこで聖香油のミサの日の時に、日本の司教団が教皇庁を訪問し、教皇様にお会いました、ということを一言付け加えております。

 その翌年は、水戸教会、323日でした。

聖香油のミサは司祭職制定の記念のミサですのでこの時も、司祭の務めについて述べています。このときはさらに、司教の務めについても述べました。そして、さいたま教区の司教と司祭は、次のようなことを心掛けましょう、と述べています。

1. 霊的生活を大切にし、祈りに熱心であること。

2. 多国籍教区として国籍、言語、文化、習慣等の違いを尊重しながら、キリストにおける交わりと一致を推進すること。

3. 司祭の生涯養成と霊的生活の指導と配慮に特に注意を払うこと。

4. 精神的に不安定な人々の保護、指導、援助に配慮する。

 そして昨年は宇都宮の松が峰教会でした。

去年は聖香油のミサにおいては、三種類の油が祝福され、聖別される、という話をしました。

信者はみんな油を塗っていただいています。それが「塗油」ですが、塗油とは聖霊の力、聖霊の助けを表しています。塗油を受けた人がキリス者です。みんなイエス・キリストのようになっている。ですからキリストになっているのですから、キリストの働きをしましょう、できます、という話をしたわけです。

 

そして今日を迎えました。

去年の続きになりますが、この聖香油、クリスマといいます。そこからキリスト者という言葉が生まれているわけです。油を注がれた人がメシア、キリストです。ですからイエス・キリストはお一人しかいないわけですけれども、わたしたちはそのキリストにつながる者、キリストの弟子として、油を注いでいただき、油を塗っていただいた者です。

いつ油を塗ってもらったでしょうか。洗礼、堅信の時です。司祭、司教はさらにその上でまた叙階の時に塗油を受けています。

 そこでこの一年、さいたま教区は宣教・福音化年として、教区あげてみんなでイエス・キリストからいただいた教会の使命を一生懸命やって行こうと努めてきました。そのための準備として、四県で、それぞれ自分の信仰を、自分の言葉で、自分のやり方で述べ伝得る準備の研修会をしてきました。自分が信じていること、自分がこの世界の中で信者として生きているということを、他の人に言い表すとしたらどういうように言うのでしょうか。そのための準備の勉強会をしましょうということで、四県で色々な企画があり、その研修プログラムが今終わろうとしています。復活祭の後宣教・福音化年の第二年目に入ります。二年目はもっとしっかりやりましょうと話し合っております。

今日は、「二年目に向かって、よろしくお願いします」という、このお願いのプリントを各教会にお渡しします。ポスターも作っていただきました。

 信仰を分かち合う集い、わたしの信仰体験の集いを開いていただけないでしょうか。そんなに度々開催は難しいので、今年度2回くらい、春と秋とか適当な時、適当なところで、それぞれ集まって、今年一年はどのように過ごしたか、そしてどういうことで自分の信仰の目覚め、活性化というのか、そういうことがあったのか、ということを話し合っていただきたい。あるいはそもそも、わたしはどうして信者になったのか。そして他の人に説明するとしたら、どういうような言葉で説明できますか。あるいは自分の人生の色々な場面で、自分は信仰があったので、支えられたとか、あるいは他の人との関係で、こういうような素晴らしい、嬉しいことがあったのですとか、いうことを話していただけないだろうかと思います。

どっかの本に書いてあることをテキストにして勉強するということも大切で、いいのですけれども、それは脇に置いておいて、自分の言葉で、自分の体験を話し、分かち合うという集いをしていただけないでしょうか、というお願いを、今日いたします。新福音化委員会とわたくしとでこのような文章を作りました。あとは開催予定を記入するフォーマット、いつどこでどういうふうにやるかということを書いていただくための用紙も、用意していただきました。

 この機会にわたしも一信者として、わたしはなぜ信じたのか、どう信じているのか、ということをもう一度見直しをしております。

人それぞれ色々な時、色々な動機で信者になっていると思います。日本においてキリスト者は非常に少ないです。諸教会諸教派全部合わせても人口の1%くらいと言われているわけです。人数は少なくとも、あの人達はイエス・キリストを信じ、イエス・キリストとともに、イエス・キリストに支えられて歩んでいる人なのだと思っていただけるような教会でありたい。よく見ると色々な問題があるのかもしれないが、でもしっかりと歩んでいるねと、わたしもそういう人々の仲間になりたいな、と思っていただけいるような、わたしたちでありたいと。

 聖香油のミサは、司祭、助祭が集まってあげるミサということなのですけれども、今日こんなに多くの信徒の方が集まってくださって、本当にありがたく嬉しく思います。司祭の数も減ってきましたし、病気の方もいますし、充分な働きができないのですけれども、全員で教会の使命をよりよく果たそうと考えます。

司祭の皆さんには、信徒の方が働きやすいように、やりやすいように、元気を出して、勇気を出して、働けるように励まし、導くように、よろしくご配慮の程をお願いする次第であります。

この宣教・福音化年二年目に向けて、信仰分かち合う集い開催のお願いをご覧いただき、わたしたちの教会の務め、福音宣教を全員で行うようにしたい。聖霊の助けを願って祈りましょう。

2018年3月 2日 (金)

カトリック教会の性虐待被害者へのお詫び

 

 今日、四旬節第二金曜日、日本のカトリック教会は「性虐待被害者のための祈りと償いの日」といたしました。性虐待を受けた被害者の方々、そのご家族の悲しみ、苦しみを思い、癒しと回復の恵みを与えてくださいますように。いつくしみ深い神に祈りましょう。そして、この難しい状況を教会がきちんと認め、そしてその解決、克服のために努力することができますように、神の助けを願いましょう。

 性虐待の問題は、当初アメリカの教会で報告されましたが、日本の教会でも同じ問題があったし、今もあることをわたしたちはしっかりと受け止め、そしてその被害者の皆様に心からお詫び申し上げるとともに、日本の教会あげて、その問題の克服のために祈りと努力、そして償いをするように努力することを、日本のカトリック司教団は心から願っておりそのために努力しております。

さて、今日読まれました福音のことです。聖書はよく葡萄園の話をしています。葡萄園はイスラエルの国や地中海沿岸では非常に馴染み深い風景です。その葡萄園が良い実を結ぶことを願って、主人の神様は人を雇い、そしてそのための様々な手立てを与え、さらに預言者の使者を送って、葡萄畑の農夫を指導されました。最後には自分の一人息子を送り、葡萄園で良い実が実るようにと、最後まで努力をされましたが、その神様の御心は彼らには通じなかった。わたしたちはこのような、おおよその救いの歴史を知っています。

 今、四旬節、そして41日は復活祭となりますが、復活祭の前の晩は復活徹夜祭。復活徹夜祭では聖書の長い朗読があります。その朗読では、非常に長い聖書の中から、救いの歴史を伝える非常に大切な箇所が読まれています。

さて、そのような神の救いの計画の中で、主イエス・キリストの登場、そして宣教、受難、十字架、復活という出来事があり、わたしたち教会が設立されました。教会は神の民であり、神の霊を受けた神の神殿であります。

 しかしながら、それであってもわたしたち人間の弱さと罪が全部無くなったわけではない。弱さの中でわたしたちは過ちを犯しますし、罪の汚れをまだ完全に拭い去ることができない。そして人々に仕え、イエス・キリストの福音をのべ伝えるために選ばれ、そして任命された人たちが神様の御心に背く、性虐待という忌まわしい行いをしたことが明らかになった。本当に残念なことであります。どうしたら良いだろうかと、教皇様、特にヨハネ・パウロ二世、ベネディクト十六世、そしてフランシスコ教皇様は全世界の教会に向けて、この問題の重大さをしっかりと受け止め、この問題をよく見て、そして解決と克服のために努力するように、そして神様の恵みを願うようにと願っておられます。

 今までに教会の行ったことの中で大きな問題であったのに、この問題をちゃんと見なかったということです。隠したり、うやむやにしたりしたということであります。さらに、この問題について、わたしたちの理解が足りない。随分微妙なことなので、話しにくいことがあるでしょう。被害者はこの問題に触れてほしくない。加害者は、自分は加害者であるとはあまり思っていない。両者の間には大きなずれがある。どんなにか、性虐待、性暴力によって人は傷つき、苦しむかということについて、加害者は理解していない。それしかし、わたしたちも同様で、きちんと理解していないのではないかと思うのです。

 人間にとって、性ということは非常に大切なことであり、ふさわしく、正しくこの問題を見つめ、そして一人ひとりの人が本当に人間として、人間の尊厳を認識し、お互いに大切にするようにしなければならない。そのための教会の努力は必要であると。全世界の司教協議会はそのための部署が作られ、かつ各教区にも委員会、担当司祭等が任命されております。これからの一層の努力とお祈りをしなければなりませんので、皆さんのご理解ご協力お祈りを切にお願いする次第あります。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »