無料ブログはココログ

« いつも新しくされねばならない教会組織・制度 | トップページ | 平和を実現する為はまず反省を »

2018年6月14日 (木)

現行一致は難しい:聖アントニオの日に

パドバの聖アントニオはその優れた説教によって大きな影響を与えました。そのアントニオの残した説教の中で、彼は次のように言っています。
「行いが語る時、言葉は生きたものとなります。言葉を控え、行いに語らせなさい。」 どういうことであるかといいますと、言葉があっても、その言葉が行いとなって実現しない場合に、その言葉は力を失ってしまう。
説くこととその内容を実践することが一致しなければならないという意味であります。 そこで、この前の日曜日の主イエスの言葉を思い起こします。
「私の家族とは誰のことですか、神の御心を行う者こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」 神の御心、それは律法、そして預言者という旧約聖書の言葉によって示されました。 ですから、今日、イエスが言われていますように、 「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためではない。廃止するためではなく、完成するためである。」と明言しています。
完成するということはどういう意味でしょうか。ご承知のようにイエスは当時のユダヤの指導者であるファリサイ派の人々、律法学者、そして祭司たちと対立しました。その対立のきっかけになったことは、イエスが安息日に癒しを行ったという出来事であります。
形式的に、機械的に数知れない多くの律法を遵守するように教えることが大切であるということではなく、その律法によって示されている神の御心を良く知り、そしてその御心を行うことこそ、律法を完成することになるんだと言っておられるのではないでしょうか?
イエスは死に向かう最後の夜、弟子たちと食事を共にし、新しい契約の血となる、今行っているミサ聖祭を制定し、そして新しい掟をわたしたちに残されました。それは愛の掟、「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも愛しあいなさい」 という掟であります。
愛すると言う言葉は非常に意味があいまいかもしれませんが、イエスが生きたように、イエスが人とかかわったようにキリストの弟子はすべての人に心を開き、すべての人のために働き、すべての人を大切にしなさい、そういう掟であると思います。それを実行することは並大抵のことではないと思います。そうしなければならないが、そうできていない自分を知り、そして日々、赦しを願いながら、少しでも聖霊の導きに従って、新約の教えを実行できますよう、今日のお祈りを献げたいと思います。

« いつも新しくされねばならない教会組織・制度 | トップページ | 平和を実現する為はまず反省を »

ミサ説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568687/66828826

この記事へのトラックバック一覧です: 現行一致は難しい:聖アントニオの日に:

« いつも新しくされねばならない教会組織・制度 | トップページ | 平和を実現する為はまず反省を »