無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年10月

2018年10月26日 (金)

あなたに語りたい その4

ダビデの不思議、世間へのお詫びはないのか?

ミケランジェロの彫刻ダビデ像は誰でも知っている。敵の豪傑を石投げで仕留めたときの勇姿だろう。

そのダビデは王に推戴されたがととんでもない大罪を犯した。美しい部下の妻を奪いその夫を死に至らしめた。旧約聖書サムエル記はその次第を詳細に記している。だからイスラエルの民は皆彼の犯罪を知っている。そのダビデが残したという祈りが有名な痛悔の詩編51.ひたすら神へのお詫びを繰り返す。神よ、わたしはあなた向かって罪を犯しました。わたしを清めてください。・・・

神からの赦しは助言者を通して与えられたといういうが。

それでは関係者への謝罪はどうなったのだろうか?企業の幹部が記者会見でそろって頭を下げてお詫びします、という場面が日本では一般的。世間、社会への謝罪が第一とされる。この違いをどう考えたらよいだろうか?誰にもばれなければ知らぬふりをしていても心は痛まないのか?お天道様がみているという昔の教えはどうなったのか?

この辺にキリスト教の宣教の難しさがあるのでは?

2018年10月22日 (月)

あなたに語りたい その3

神は、ラテン語では、DEUSです。キリシタンの時代、DEUS(ラテン語)の日本語への翻訳に困ってしまったのです。日本に来た福音宣教者たちはよく日本語がわからないうちに、どういう日本語で説明したらよいか、きっと悩んだのでしょう。色々やってみたようですが、「神」という表現は誤解されるので、結局「デウス」という表記に落ちついたたようです。

日本では、神というと、いろいろな神を指しています。八百万(やよろず)の神がいるとも言います。人間が神になりえます。特別な力を持った人、そして、亡くなった人が生きているわたしたちの上に及ぼす、 良い力、悪い力、そういうものを持っている存在が神と呼んでいます。例えば、菅原道真が天神として祀られるようになったのですが、それは、政敵の藤原氏に貶められて、讒言されて、左遷されて、裏切られて亡くなったので、その怨みが残っているから、色んな災害が起こるのだ、という考えによるらしい。「どうぞ怨みを捨ててください、お鎮まりください」という願いを込めて神社を建てて、菅原道真の霊を宥める というように考えた結果であるとされています。 色んな神がいるので、わたくしは、神社に行ってときに、この神社はどういう神が祀っているかなと掲示で確かめてみるけれど、現代の人はほとんど誰が神として祀られているか、には関心がない。でも一応調べてみると、大宮の氷川神社の場合、祭神は、

須佐之男命(すさのおのみこと)

稲田姫命(いなだひめのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

となっています。注4

それなのに、なぜキリスト教の神を「神」と訳したのか。もう今更どうにもしょうがないのですが、「神」という言葉が、わたしたちの神理解に誤解を与えているのかもしれないのです。「神」という言葉は誤解されやすい言葉です。でも、どう誤解して言いるのか、をわたしたちは説明できるでしょうか。その理由も説明が難しい。 

 

2018年10月21日 (日)

あなたに語りたい その2

わたしにとっての神とは?

神は自分からあなたに語ってくださる神です。

 

 「神―わたしにとって神とは?」というテーマをいただきましたが、何を話したらよいか、かなり困っております。皆さんの学び合いの材料、あるいは何かの足しになればよいかなと思います。 わたしたちは神を知っていますが、この神はキリスト教の神、イエス・キリストが教えてくださった神であります。イエス・キリストの教えてくださった神は、すでにイスラエルの人々が信じていた神と同じ神様です。同じ神様ですけれども、そこに信仰の発展がある。そして、イエスが地上を去るときに、わたしたちの教会がつくられ、教会が残されました。教会は神を信じる民として、世界中に宣教しているわけであります。 ところで神様というのはどういう方か、人間にはわからない、よくはわからないわけです。人間には神は分かりません。分かるといえば、その人が神様になってしまいます。しかし、全くわからないというわけではない。神の働きは被造物の中に反映されているので、世界の中に在る信・善・美を通してある程度は神を知ることが出来るはずです。そして神を信じて生きている人々の中に神の姿が反映していると信じます。

しかしなと言っても、被造物である人間には神様は神秘です。人間には神のことがよくわからない。わからないから、あちら側から、神様のほうからわたしたちにご自分をお示しになる。こうだよ、ああだよと。それが長い歴史の中で少しずつ、小出しにというか、教えてくださっている。一度に教えても、とてもわからないだろう、受け入れられないだろう、ということで、何回も色んな機会に、色んな人 を通してお示しになったのだと思います。 わたしたちの神は信仰の神、人が信じている神、なんですけれども、その前に、頭で考える神という場合があります。それは、哲学者が頭で考えて、神とはこうだ、ああだと考えた神です。しかし、聖書の神は頭で考えた神ではなくて、神様のほうから人 間に語りかけて、御自身を示してくださった。そういう神様ですね。

あなたに語りたい、励ましの言葉 その1

あなたというよりまず自分自身への励まし、と考えて始めます。

世界中に福音をのべ伝えること、イエスの弟子を造ることは、復活した主イエス・キリストから弟子たちが受けた教会の使命であるります。

この日本にも1549年にフランシスコ・ザビエルによってキリスト教が伝えられたことは、日本史上の重要な出来事でした。キリスト教は一時多くの人に受け入れられましたが、間もなく時に支配者によって禁止され、長い禁教時代が続きまた。明治時代になって再宣教が行われ、素手の100年以上が経過しています。多くの優れた、よく養成された福音宣教者が多数日本に派遣されました。それにも関わらず、キリスト教はごく一部の人日の心をとらえているにすぎません。他方、教育、福祉、医療の分野では評価されるべき実績を上げています。

日本は非常に治安のよい国です。しかし人々の心には何かの閉塞感が宿っているのではないでしょうか。

このような社会状況で、宗教者の果たすべき役割が期待されています。

 

2018年10月 8日 (月)

男と女

主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」
主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。
そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、人は言った。「ついに、これこそ、わたしの骨の骨、わたしの肉の肉。これをこそ、女(イシャー)と呼ぼう。まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」
こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。

人はだれでも一人で生きていけません。助けてである相手、パートナーを必要としています。神は人を、互いに助け合い支えあうものとして、男と女に創造されました。

男にとって女は神の恵み、大きな喜びの源です。男がぐっすり眠っている間に女が造られ、目が覚めると傍に女が居ました。女の創造に男はなんの働きもしていません。女は男に与えられた純粋の大きな恵みの伴侶であります。もはや、男にとって女なしには自分というものが考えられない存在となりました。まさに自分の半身、骨の骨、肉の肉です。

イシュ、イシャーというヘブライ語の原文はそのことをよく示しています。二人は別な存在ですが同時に一体をなす存在です。以上述べたことはそのまま女にとっても同じことが言えます。

創世記によれば人はそのような存在として、男と女として創造されたのです。

しかし、現実の男女の関係は必ずしもそのような祝福された状態には置かれておりません。どうして人間の現実に問題が生じたのか、その理由と次第を、創世記3章誘惑と堕罪の物語が語ります。

最初の人間アダムとエバは蛇の誘惑に負けて、創造主である神への不信を抱き、不従順に陥ってしまいました。その結果、人と神との関係にひびが入りました。人と神との関係の不具合は、男と女、人と大地との関係に不具合に波及します。これがいわゆる原罪という考え方です。

結婚と家庭をめぐる問題と困難は、創世記の物語に起因しているといえるのかもしれません。

主イエスはこの人類の歴史に介入し、壊れた関係を修復し、さらにそれを超える素晴らしい状態に高めるために来られました。

人間の問題のかなりな部分は男女の問題、性に関するものではないでしょうか。

男女の関係を本来の神の定めた秩序に戻すだけでなく、さらにそれを清め、よりふさわしい聖なる関係に刷新するためにイエス・キリストは来られたのです。

今日のマルコによる福音でイエスは言われました。

「天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」

さて、この機会をお借りして、結婚に関する一つの良いお知らせをお伝えします。

教皇フランシスコは先日、9月8日に自発教令を発表して、婚姻の無効宣言手続きをより簡略に、より迅速にするよう、教会法典の改正を行いました。

これは結婚しているといっても実は結婚とは言えない、無効な結婚である場合があります。その場合、教会が結婚の無効を宣言することができます。今回はその無効を宣言する手続きについての改正です。詳細は別な機会に譲りますが、「離婚ではない無効な結婚」ということがある、ということを今日、心にとどめておいていただきたいと思います。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »