無料ブログはココログ

« あなたに語りたい その3 | トップページ

2018年10月26日 (金)

あなたに語りたい その4

ダビデの不思議、世間へのお詫びはないのか?

ミケランジェロの彫刻ダビデ像は誰でも知っている。敵の豪傑を石投げで仕留めたときの勇姿だろう。

そのダビデは王に推戴されたがととんでもない大罪を犯した。美しい部下の妻を奪いその夫を死に至らしめた。旧約聖書サムエル記はその次第を詳細に記している。だからイスラエルの民は皆彼の犯罪を知っている。そのダビデが残したという祈りが有名な痛悔の詩編51.ひたすら神へのお詫びを繰り返す。神よ、わたしはあなた向かって罪を犯しました。わたしを清めてください。・・・

神からの赦しは助言者を通して与えられたといういうが。

それでは関係者への謝罪はどうなったのだろうか?企業の幹部が記者会見でそろって頭を下げてお詫びします、という場面が日本では一般的。世間、社会への謝罪が第一とされる。この違いをどう考えたらよいだろうか?誰にもばれなければ知らぬふりをしていても心は痛まないのか?お天道様がみているという昔の教えはどうなったのか?

この辺にキリスト教の宣教の難しさがあるのでは?

« あなたに語りたい その3 | トップページ

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568687/67314424

この記事へのトラックバック一覧です: あなたに語りたい その4:

« あなたに語りたい その3 | トップページ