無料ブログはココログ

« 神の国の完成 | トップページ | 本郷教会司祭命日記念ミサ »

2019年8月 2日 (金)

あなたの信仰があなたを救った!

年間第17金曜日

2,019年月2日

第一朗読  レビ記 23:1、4-11、15-16、27、34b-37

福音朗読  マタイによる福音書 13:54-58
(そのとき、イエスは)故郷にお帰りになった。会堂で教えておられると、人々は驚いて言った。「この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。この人は大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。姉妹たちは皆、我々と一緒に住んでいるではないか。この人はこんなことをすべて、いったいどこから得たのだろう。」このように、人々はイエスにつまずいた。イエスは、「預言者が敬われないのは、その故郷、家族の間だけである」と言い、人々が不信仰だったので、そこではあまり奇跡をなさらなかった。

説教

イエスの故郷ナザレの人々はイエスに躓き、イエスを信じることが出来なかったと今日のマタイの福音は伝えています。「人々が不信仰だったので、そこではあまり奇跡をなさらなかった」(マタイ13・58)のでした。普段から良く知っている人の中に神の力を認めるということは人間にとって難しいことなのでしょうか。ナザレの人々はイエスのことを良く知っていました。小さい時から一緒に育ったのであります。そこで「この人は大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。姉妹たちは皆、我々と一緒に住んでいるではないか。この人はこんなことをすべて、いったいどこから得たのだろう」マタイ13・55)と言ってイエスに躓いたのでした。普段から良く知っている人の中に神の力を認め、その人が神から遣わされた人であり預言者であると信じることは、人間にとって難しいことだったと思われます。

逆に人間をイエスを全く知らなかった女性で、必死の思いでイエスに触れた女性は、イエスに触れただけでイエスから癒しの恵みを頂けるだろうと信じたのでした。マタイの福音は十二年間出血症を患っていた女性の癒しについて伝えています。

「すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。『この方の服に触れさえすれば治してもらえる』と思ったからである。イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。『娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。』そのとき、彼女は治った。」(マタイ9・20-22)

「あなたの信仰があなたを救った」という言葉をイエスはいろいろな人に言っています。なんという素晴らしい言葉でしょうか。わたしたちの場合はどうでしょうか。地上のイエスはもはやおられませんが、復活したイエスはいつもどこにでも、わたしたちとともにいてくださいます。復活したイエスから、聖霊の働きを通して、お恵みをいただき、「あなたの信仰があなたを救った」というお言葉を頂くことが出来ますように、より深く強い信仰が頂けますよう

« 神の国の完成 | トップページ | 本郷教会司祭命日記念ミサ »

ミサ説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の国の完成 | トップページ | 本郷教会司祭命日記念ミサ »