無料ブログはココログ

« リジューのテレジア | トップページ | 平和があるように »

2019年10月 6日 (日)

守護の天使

守護の天使記念日 ミサ説教

2019102()、本郷教会

今日102日は、「守護の天使の日」であります。

一人ひとりの人に、小さな者、幼い子供たちに、守護の天使がおられるという信仰を聖書が伝えております。

今日わたくしたちが学ぶべきことは何であろうかと考えてみますと、幼い子供一人ひとりを大切にするということはもちろんでありますが、わたくしたち大人も、子供のように自分を低くする者でなければならないということだと思います。

ご存じのように、繰り返し出てきますが弟子たちの関心は、誰が自分たちの中で一番偉い者であるのかということでした。弟子たちはこの思いをなかなか捨て去ることができなかったのでした。人は誰でもこの思いから解放されなければなりません。これは弟子たちだけでなくこれは、すべての人の課題ではないかと思います。

人間は、自分が誰であるのかということに重大な関心を持っていますが、自分がどれだけ重んじられるかということによって自分自身の存在を確認したいと思うところがあります。

神の前に最も小さい者が実は最も偉大であるというイエス様の教えを、人は、なかなか受け入れにくいと思います。

昨日の聖人、聖テレジアもその道、小さな者の道を歩んだのであります。

あさっては聖フランシスコの日になります。フランシスコは、小さな者として歩むよう教えた主イエスに最もよく倣って生きた聖人です。

小さい者になり、小さい者として歩むということの神秘を少しでも悟ることができますよう、祈りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

« リジューのテレジア | トップページ | 平和があるように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リジューのテレジア | トップページ | 平和があるように »