無料ブログはココログ

« 福音宣教特別月間 | トップページ | 霊的生活 »

2019年10月 8日 (火)

マリアとマルタ

年間第二十七火曜日 ミサ説教

2019年10月8日(火)、本郷教会

第一朗読  ヨナ書 3:1-10

福音朗読  ルカによる福音書 10:38-42
(そのとき、)イエスはある村にお入りになった。すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

 

今日の福音は、「マルタとマリア」の姉妹の話であります。

よく知られている場面が読まれました。

マルタはイエスをもてなすために、姉妹のマリアが自分と一緒に働いて欲しかったのでした。

その気持ちはよく分かるような気がします。

マルタは思うだけでなく、イエスに向かって言いました。

「手伝ってくれるようにおっしゃってください。」(ルカ10:40)

そう思っても言うか言わないかはその人の決めることですが、マルタのこの言葉の内に不満、苛立ちを感じます。

マルタはいろいろなことを心配していました。

わたくしたちの人生も、毎日いろいろなことを心配したり、場合によっては恐れたりするようなことがあるのかもしれない。

なぜわたくしたちは心配したり、恐れたりするのだろうか。

それは相応しく正しいことであるかもしれないが、それが過ぎるとイエスの福音の精神には合わないことになります。

神様はすべてのことを備えてくださいます。

「何よりもまず、神の国とその義を求めなさい。」(マタ6:33)

そして復活したイエスは弟子たちに言われました。

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マタ28:20)

さらにヨハネの手紙で言われています。

「完全な愛は恐れを取り除く」(一ヨハ4:18)

わたくし自身、心配や恐れにいつも囚われがちであると思います。

聖霊がわたくしたちを本当の自由、古い自分から新しい自分になることができるように、助けてくださいますように。

 

« 福音宣教特別月間 | トップページ | 霊的生活 »

ミサ説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福音宣教特別月間 | トップページ | 霊的生活 »