無料ブログはココログ

« 「敵を愛しなさい」という難しい教え | トップページ | 欲望への囚われ »

2020年2月24日 (月)

信じます、信仰のないわたしを助けてください。

2020年2月24日のミサより

 

幼い時からひきつけを起こす子供の父親がイエスに言った。

「幼い時からです。霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」

イエスは答えた。

「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」

イエスは言われた。「信じる者には何でもできる。」

父は答えた。

「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」

父は「信じます」と答えた。しかし付け加えていった。「信仰のない私を助けてください。」

「信じる」ということと「信仰がない」ということが整合しない。どういう意味だろうか。イエスはそのことを問題にはしない。

子のわたしはどうだろうか。わたしの信仰な完全だ、100%大丈夫とは不遜にして言えない。

わたしの信仰は脆い、しかし信じている。正直なところそんなものだろう。

 

福音朗読  マルコによる福音書 9:14-29
(そのとき、イエスは三人の弟子とともに山を下りて)ほかの弟子たちのところに来てみると、彼らは大勢の群衆に取り囲まれて、律法学者たちと議論していた。群衆は皆、イエスを見つけて非常に驚き、駆け寄って来て挨拶した。イエスが、「何を議論しているのか」とお尋ねになると、群衆の中のある者が答えた。「先生、息子をおそばに連れて参りました。この子は霊に取りつかれて、ものが言えません。霊がこの子に取りつくと、所かまわず地面に引き倒すのです。すると、この子は口から泡を出し、歯ぎしりして体をこわばらせてしまいます。この霊を追い出してくださるようにお弟子たちに申しましたが、できませんでした。」イエスはお答えになった。「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。」人々は息子をイエスのところに連れて来た。霊は、イエスを見ると、すぐにその子を引きつけさせた。その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いた。イエスは父親に、「このようになったのは、いつごろからか」とお尋ねになった。父親は言った。「幼い時からです。霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」イエスは、群衆が走り寄って来るのを見ると、汚れた霊をお叱りになった。「ものも言わせず、耳も聞こえさせない霊、わたしの命令だ。この子から出て行け。二度とこの子の中に入るな。」すると、霊は叫び声をあげ、ひどく引きつけさせて出て行った。その子は死んだようになったので、多くの者が、「死んでしまった」と言った。しかし、イエスが手を取って起こされると、立ち上がった。イエスが家の中に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、わたしたちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた。イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。

 

« 「敵を愛しなさい」という難しい教え | トップページ | 欲望への囚われ »

本郷から」カテゴリの記事

コメント

「信じます。信仰のないわたしをお助け下さい。」という 切実な父の言葉を聞き入れてイエスが子供から悪霊を追い出した後、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と語ったのには 信仰に特別の意味を込めているのだろうかと思いました。お説教の中の、[...わたしの信仰は完全だ、100%大丈夫とは不遜にして言えない。 私の信仰は脆い、しかし信じている。正直なところそんなものだろう。」 というお言葉は、信仰を持つことに希望を与えてくださっている気がいたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「敵を愛しなさい」という難しい教え | トップページ | 欲望への囚われ »