無料ブログはココログ

« 人生の総決算の基準 | トップページ | 葬儀 »

2020年3月 2日 (月)

負い目を赦してください

 

33日 四旬節第1火曜日

 

雛祭りの日。旧暦では4月該当する。

主の祈り。後半の祈りは「わたしたちに必要な糧を今日与えてください。わたしたちの負い目を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください。』
文脈から行ってどう見ても「負い目を赦してください」に焦点が置かれている。

それではば第一朗読イザヤの「わたしの口から出るわたしの言葉もむなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ、わたしが与えた使命を必ず果たす。」との関係はどうなるのか。人の祈りと神の言葉の実現の関係。

 

第一朗読  イザヤ書 55:10-11
(主は言われる。)雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ種蒔く人には種を与え 食べる人には糧を与える。そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も むなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ、わたしが与えた使命を必ず果たす。

福音朗読  マタイによる福音書 6:7-15
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。){あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。だから、こう祈りなさい。
『天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。わたしたちの負い目を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください。』
もし人の過ちを赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたの過ちをお赦しになる。しかし、もし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない。」

 

 

« 人生の総決算の基準 | トップページ | 葬儀 »

コメント

人の祈りと神の言葉の実現についてのお話。イザヤ書の美しい言葉遣い、マタイの福音書の祈り方がとても具体的なのが印象に残りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の総決算の基準 | トップページ | 葬儀 »