無料ブログはココログ

« コロナウイルス騒ぎのなかで | トップページ | 四旬節第4木曜日 »

2020年3月25日 (水)

心を献げる

325日は「神のお告げ」の祭日

 

主の降誕は1225日、その9か月前にあたる。

お告げの内容の王を主にみるか、おとめマリアの信仰を主にみるか。

ルカの福音は非常に簡潔で一体どこでないが起こったのか、は分からない。

マリアが後年誰かに話しことが伝承として伝わったのだろうか。神お告げとはいえ理解しがたい困難、考えれば無体な話、それをただFIAT(なれかし)と言って引き受けたおとめマリ許嫁ヨセフはこの出来事を受けいれた。

第二朗読ヘブライ書。「あなたはいけにえ、献げ物、焼き尽くす献げ物、罪を贖うためのいけにえ、つまり律法に従って献げられるものを望みもせず、好まれもしなかった。」神は動物などのいけにえではなく捧げる人の「心」を求める。人は純粋な無私の心を持てるだろうか。混じりけのない、エゴイズから完全に解放されている心を持てるか。正直に言えた、はなはだ難しい。

 

第一朗読  イザヤ書 7:10-148:10
(その日、)主は更にアハズに向かって言われた。「主なるあなたの神に、しるしを求めよ。深く陰府の方に、あるいは高く天の方に。」しかし、アハズは言った。「わたしは求めない。主を試すようなことはしない。」イザヤは言った。
「ダビデの家よ聞け。あなたたちは人間にもどかしい思いをさせるだけでは足りずわたしの神にも、もどかしい思いをさせるのか。
それゆえ、わたしの主が御自らあなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産みその名をインマヌエルと呼ぶ。
神が我らと共におられる(インマヌエル)のだから。」

第二朗読  ヘブライ人への手紙 10:4-10
(皆さん、)雄牛や雄山羊の血は、罪を取り除くことができ(ません。)それで、キリストは世に来られたときに、次のように言われたのです。「あなたは、いけにえや献げ物を望まず、むしろ、わたしのために体を備えてくださいました。あなたは、焼き尽くす献げ物や、罪を贖うためのいけにえを好まれませんでした。そこで、わたしは言いました。
『御覧ください。わたしは来ました。聖書の巻物にわたしについて書いてあるとおり、神よ、御心を行うために。』」
ここで、まず、「あなたはいけにえ、献げ物、焼き尽くす献げ物、罪を贖うためのいけにえ、つまり律法に従って献げられるものを望みもせず、好まれもしなかった」と言われ、次いで、「御覧ください。わたしは来ました。御心を行うために」と言われています。第二のものを立てるために、最初のものを廃止されるのです。この御心に基づいて、ただ一度イエス・キリストの体が献げられたことにより、わたしたちは聖なる者とされたのです。

福音朗読  ルカによる福音書 1:26-38
(そのとき、)天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。神にできないことは何一つない。」マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。

 

« コロナウイルス騒ぎのなかで | トップページ | 四旬節第4木曜日 »

本郷から」カテゴリの記事

コメント

ルカの福音書の、ヨセフがマリアへの神のお告げをFIATだとして受け入れたこと、イザヤ書での神に対する強い信頼の気持ちを表す迫力のある言葉、ヘブライ人への手紙での、「ご覧ください、私は来ました…神よ、御心を行うために」、というイエスのゆるぎない信頼、そして天使のお告げを信じたマリア。 日頃、何気なく使っている、心、が気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナウイルス騒ぎのなかで | トップページ | 四旬節第4木曜日 »