無料ブログはココログ

« 福音化の使命 | トップページ | なぜ復活したイエスが最初に出会ったのがマグダラのマリアであったのか。 »

2020年4月13日 (月)

マグダラのマリアは使徒たちの使徒

復活の月曜日のミサより

2020年4月13日

第一朗読 使徒言行録2・14,22-32

福音朗読 マタイ28・8-15

 

わたしたちの信仰はナザレのイエスという人の復活という出来事によって成立しました。「使徒たちの宣教」でペトロが人々の前で話しているように、キリストの教会はこのイエスという人の復活という信仰によって成立し発展してきました。

このイエスの復活を宣べ伝えた人が復活の証人であります。「わたしたちは皆、そのことの証人です」とペトロが言っています。

その「わたしたち」の中には女性たちが含まれています。いや、そういうよりもまず、男性の弟子よりも女性の方が先に証人となったのでした。

イエスの墓が空になっていることを最初に発見した人はマグダラのマリアという人でありました。昨日の復活祭の福音が告げている通りです。男性ではなく女性の弟子であるマグダラのマリアという人が朝早くイエスの墓に詣でて、墓から石が取り除けてあるのを見ました。墓の中にはイエスの身体が見当たらなかったのです。そこで彼女は、シモン・ペトロとイエスの愛しておられた弟子のところに行って、主の身体が見当たらないということを報告したのです。

お墓にイエスの身体がないと最初に発見した人はマグダラのマリア、そしてさらに、マグダラのマリアは、復活したイエスにお会いした最初の人であります。明日の福音は、彼女が復活したイエスに出会うという場面であります。

ですから、お墓に詣でて、お墓にイエスの身体がないことを発見した最初の人がマグダラのマリア、そして復活したイエスに会った最初の人もマグダラのマリアでした。彼女はペトロたちにそのことを報告しました。このマグダラのマリアの証言からわたしたちの教会が始まったのです。

そこで、マグダラのマリアは「使徒たちの使徒」(意味は、使徒へ遣わされた使徒)とさえ呼ばれています。

ーー

第一朗読  使徒言行録 2:14.22-33
(五旬祭の日に、)ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話し始めた。「ユダヤの方々、またエルサレムに住むすべての人たち、知っていただきたいことがあります。わたしの言葉に耳を傾けてください。
イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です。神は、イエスを通してあなたがたの間で行われた奇跡と、不思議な業と、しるしとによって、そのことをあなたがたに証明なさいました。あなたがた自身が既に知っているとおりです。このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。ダビデは、イエスについてこう言っています。 『わたしは、いつも目の前に主を見ていた。主がわたしの右におられるので、わたしは決して動揺しない。
だから、わたしの心は楽しみ、舌は喜びたたえる。体も希望のうちに生きるであろう。
あなたは、わたしの魂を陰府に捨てておかず、あなたの聖なる者を朽ち果てるままにしておかれない。
あなたは、命に至る道をわたしに示し、御前にいるわたしを喜びで満たしてくださる。』
兄弟たち、先祖ダビデについては、彼は死んで葬られ、その墓は今でもわたしたちのところにあると、はっきり言えます。ダビデは預言者だったので、彼から生まれる子孫の一人をその王座に着かせると、神がはっきり誓ってくださったことを知っていました。そして、キリストの復活について前もって知り、『彼は陰府に捨てておかれず、その体は朽ち果てることがない』と語りました。神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。それで、イエスは神の右にあげられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです。」

 

福音朗読  マタイによる福音書 28:8-15
(そのとき、)婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」
婦人たちが行き着かないうちに、数人の番兵は都に帰り、この出来事をすべて祭司長たちに報告した。そこで、祭司長たちは長老たちと集まって相談し、兵士たちに多額の金を与えて、言った。
「『弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝ている間に死体を盗んで行った』と言いなさい。もしこのことが総督の耳に入っても、うまく総督を説得して、あなたがたには心配をかけないようにしよう。」兵士たちは金を受け取って、教えられたとおりにした。この話は、今日に至るまでユダヤ人の間に広まっている。

 

« 福音化の使命 | トップページ | なぜ復活したイエスが最初に出会ったのがマグダラのマリアであったのか。 »

本郷から」カテゴリの記事

コメント

イエスの復活によってキリスト教の信仰が成立したが、復活したイエスに初めて会ったのはマリアだったこと。マリアや他の婦人たちの驚きや感動が伝わってきます。当時の祭司長や長老のたくらみも知ることができました。預言者ダビデによって語られたイエスの復活の預言はキリスト教の信仰と強く結びついていることを教えていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福音化の使命 | トップページ | なぜ復活したイエスが最初に出会ったのがマグダラのマリアであったのか。 »