無料ブログはココログ

« 赦しの体験が教会の誕生となる | トップページ | 新しい天と新しい地 »

2020年5月31日 (日)

教会の母聖マリア

61日、教会の母聖マリア

 

イエスが昇天した後、弟子たちと女性たち、イエスの母マリアは「高間」に集まり、聖霊が降るよう熱心に祈っていた。

「彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。」
聖霊降臨が行われたのはこの「高間」であったという解釈がみられる。(フランシスコ会訳聖書の該当箇所、使徒言行録113の注を参照。)

ともかくこの一節から教会の誕生にイエスの母マリアが深くかかわっていたことが窺われる。

 

「イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、『婦人よ、御覧なさい。あなたの子です』と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。」

 

愛するわが子が十字架刑という残酷な最期を遂げる様子を目の当たりにした母マリアはどんな気持ちで十字架のもとに立っていたことだろう。マリアはイエスの苦しみに最も深く関わり苦しみを共にした人であったといえよう。この意味でマリアはイエスの救いの御業の最も近い協力者であり、その結果生まれた教会の母であるといえる。

 

第一朗読  使徒たちの宣教 1:12-14
(イエスが天に昇られた後、)使徒たちは、「オリーブ畑」と呼ばれる山からエルサレムに戻って来た。この山はエルサレムに近く、安息日にも歩くことが許される距離の所にある。
彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。それは、ペトロ、ヨハネ、ヤコブ、アンデレ、フィリポ、トマス、バルトロマイ、マタイ、アルファイの子ヤコブ、熱心党のシモン、ヤコブの子ユダであった。彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。
(
または、創世記3:9-15, 20)
福音朗読  ヨハネによる福音書 1925-34
(そのとき、)イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、クロパの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。 イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。
この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。 そこには、酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。
イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。
その日は準備の日で、翌日は特別の安息日であったので、ユダヤ人たちは、安息日に遺体を十字架の上に残しておかないために、足を折って取り降ろすように、ピラトに願い出た。
そこで、兵士たちが来て、イエスと一緒に十字架につけられた最初の男と、もう一人の男との足を折った。イエスのところに来てみると、既に死んでおられたので、その足は折らなかった。
しかし、兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。

 

 

 

« 赦しの体験が教会の誕生となる | トップページ | 新しい天と新しい地 »

コメント

イエスの昇天後、聖霊が降るように熱心に祈っていた弟子たちと女性たちの中にイエスの母マリアがいた。 イエスの最期の苦しみに最も深く関り、共に苦しんだイエスの母マリアは、イエスの御業の最も近い協力者であり、その意味で教会の誕生と深く関わっている。
イエスの最期を目の当たりにしていた母にイエスが、「婦人よ、御覧なさい、あなたの子です」 と言われ、また弟子には、「見なさい、あなたの母です」 と言われた。忘れられない場面です。イエスの母マリアのことが気になっていたので知ることができ嬉しく思いました。

「マリアはイエスの苦しみに最も深く関わり苦しみを共にした人であった」
マリアは、愛する我が子の死を目の当たりにする、共に苦しみ、見届けるという役目をお果たしになったのだと思いました。
「イエスの救いの御業の最も近い協力者」という表現に心を打たれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赦しの体験が教会の誕生となる | トップページ | 新しい天と新しい地 »