無料ブログはココログ

« いのちをかけるアガペー | トップページ | 父である神と子である神の関係 »

2020年5月 4日 (月)

divinization

復活節第4火曜日、5月5日

 

第一朗読より

「このアンティオキアで、弟子たちが初めてキリスト者と呼ばれるようになったのである。」

クリスチャン(キリスト者)という呼称の起源を述べる。このときから、おそらく、ユダヤ教からキリスト教が分離し独立するに至ったのであろう。

 

福音朗読より

「わたしと父とは一つである。」

明白な宣言、イエスは、自分は父である神と等しい存在であると断言した。

「二ケア・コンスタンチノープル信条」ではイエスは「父と一体である」と表現されている。

もちろんわたしたちはそうは言えない。しかし、神のいのちがわたしたちの中に注がれていることを、聖霊が与えられていることを、心から信じなければならない。このことを、この神秘を、東方教会の伝統では、「神化」divinizationと言うそうである。わたしたちは神の子であり、互いにその尊厳を担う者であり、復活したキリストの栄光の写しである、という自覚を深めたい。

 

第一朗読  使徒言行録 11:19-26
(その日、)ステファノの事件をきっかけにして起こった迫害のために散らされた人々は、フェニキア、キプロス、アンティオキアまで行ったが、ユダヤ人以外のだれにも御言葉を語らなかった。しかし、彼らの中にキプロス島やキレネから来た者がいて、アンティオキアへ行き、ギリシア語を話す人々にも語りかけ、主イエスについて福音を告げ知らせた。主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。このうわさがエルサレムにある教会にも聞こえてきたので、教会はバルナバをアンティオキアへ行くように派遣した。バルナバはそこに到着すると、神の恵みが与えられた有様を見て喜び、そして、固い決意をもって主から離れることのないようにと、皆に勧めた。バルナバは立派な人物で、聖霊と信仰とに満ちていたからである。こうして、多くの人が主へと導かれた。それから、バルナバはサウロを捜しにタルソスへ行き、見つけ出してアンティオキアに連れ帰った。二人は、丸一年の間そこの教会に一緒にいて多くの人を教えた。このアンティオキアで、弟子たちが初めてキリスト者と呼ばれるようになったのである。

 

福音朗読  ヨハネによる福音書 10:22-30
そのころ、エルサレムで神殿奉献記念祭が行われた。冬であった。イエスは、神殿の境内でソロモンの回廊を歩いておられた。すると、ユダヤ人たちがイエスを取り囲んで言った。「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい。」イエスは答えられた。「わたしは言ったが、あなたたちは信じない。わたしが父の名によって行う業が、わたしについて証しをしている。しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。わたしと父とは一つである。」

 

 

 

« いのちをかけるアガペー | トップページ | 父である神と子である神の関係 »

コメント

昨日は「いのちすら惜しまないイエスのアガペーを実行することしかない」という言葉に、すくむような気持ちでしたが、

今日、読ませていただいて、わたしたちがお互いに神の尊いいのちが注がれた者であることを、本当に、心底自覚できているなら、それがアガペーにつながるのかもしれない、と思いました。

「互いにその尊厳を担う者、復活したキリストの栄光の写し」という言葉がいつも心に響いているよう、深く留めさせて頂きたいです。

「わたしたちは、神のいのちがわたしたちの中に注がれていることを、聖霊が与えられていることを、心から信じなければならない。」 今日のお説教の最も大切なお言葉です。心から信じるということがなければ聖霊は与えられない。
使徒言行録の中で、バルナバの宣教についての記述の後、バルナバは立派な人で、聖霊と信仰とにみちていたからである、と記されているのが心に留まりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いのちをかけるアガペー | トップページ | 父である神と子である神の関係 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30