無料ブログはココログ

« 神の名による殺人 | トップページ | からだの復活 »

2020年5月19日 (火)

世の誤り

519日 復活節第6火曜日

 

「わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。」

 

弁護者である聖霊が世の誤りを明らかにする。「世の誤り」とは何を意味するのか。子のわたしの誤りはなんであるのか。人として誤りのない人はいない。

先日述べたように貪・瞋・癡という仏教の教えがある。人は癡という拭い難い限界を持っている。人のことがわからない。誤解する。自分のことが分かってもらえないならば、自分も人のことがわからない。せめて「分からない」という限界を認める者でありたい。人はさまざまにその認識を条件付けられている、頭からそうだと思い込んでしまうことある。

聖霊来てください。わたしの心を照らしてください。心の闇を照らしてください。真実を悟らせてください。…。アーメン。

 

 

第一朗読  使徒言行録 16:22-34
(その日、フィリピの町の群衆も一緒になってパウロとシラス)を責め立てたので、高官たちは二人の衣服をはぎ取り、「鞭で打て」と命じた。そして、何度も鞭で打ってから二人を牢に投げ込み、看守に厳重に見張るように命じた。この命令を受けた看守は、二人をいちばん奥の牢に入れて、足には木の足枷をはめておいた。
真夜中ごろ、パウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。突然、大地震が起こり、牢の土台が揺れ動いた。たちまち牢の戸がみな開き、すべての囚人の鎖も外れてしまった。目を覚ました看守は、牢の戸が開いているのを見て、囚人たちが逃げてしまったと思い込み、剣を抜いて自殺しようとした。パウロは大声で叫んだ。「自害してはいけない。わたしたちは皆ここにいる。」看守は、明かりを持って来させて牢の中に飛び込み、パウロとシラスの前に震えながらひれ伏し、二人を外へ連れ出して言った。「先生方、救われるためにはどうすべきでしょうか。」二人は言った。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」そして、看守とその家の人たち全部に主の言葉を語った。まだ真夜中であったが、看守は二人を連れて行って打ち傷を洗ってやり、自分も家族の者も皆すぐに洗礼を受けた。この後、二人を自分の家に案内して食事を出し、神を信じる者になったことを家族ともども喜んだ。

 

福音朗読  ヨハネによる福音書 16:5-11
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「今わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこへ行くのか』と尋ねない。むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。」

 

 

« 神の名による殺人 | トップページ | からだの復活 »

コメント

それまで、「この人はこうだなあ」と思い込んでいたような人たちに、自分がどうしたらよいかわからず悲しくなっている時に、逆に助け、力づけて頂いて、涙が出るほどうれしく、今まで私はその人たちのほんの少しの部分しかわかっていなかったのだなあ、と気づかされることがありました。「わからない」という限界があることを認め、だから少しでももっとその人のことを大切にわかろうという気持ちで関わりたいと思います。

福音書では「わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ない」と、
「わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること」を「義」としているところが、心に残りました。「去って行くこと」がとても大切で必要な事である、ということを考えてみたいと思います。

福音書からは、神のもとに行ってそこから弁護者である聖霊を送れば、聖霊によって世の誤りが明らかにされる。イエスを信じないという罪、聖霊が見えなくなる義についての問題、この世の支配者に対する断罪などが明らかにされる。去っていくのは、あなたがたのためになるのだから悲しむのはやめなさい、と諭すように語るイエスの姿を想像します。 
使徒言行録では、迫害をうけてもくじけることなく、聖霊の助けにより、人々を神を信じる者
へと導くパウロたちの活躍ぶりが生き生きと描かれていて興味を引かれました。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の名による殺人 | トップページ | からだの復活 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30