無料ブログはココログ

« わたしにつながっていなさい | トップページ | 使徒会議の決議文 »

2020年5月13日 (水)

実を結ぶ

514日 聖マティア使徒

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。」

 「わたしがあなたがたを選んだ。」

何度も聞いたイエスの言葉。わたしにそれだけに価値があったからだろうか。

人間的に言ってとてもそうは思えない。わたしより優れた人――人柄も、能力も、健康も、環境的にも、・・・たくさんいるのに。

このわたしに何が出来るのだろうか。「出かけて行って無を結び、その実が残るように。」どんな実りがありますか。

その人固有の役割、使命がある。余人をもって代えがたし、という仕事、位置、存在がある。それが見えないとしたら寂しい。

 使徒マティアは使徒ユダの後継者として選ばれた。ユダは何故自殺したのか。自分固有の役割が見えなくなったのだろうか。

 画一的な仕事と役割を振り向けられ、個性の働く余地が極小の今の社会。何事もマニュアルのよって動かされている今の社員・職員、構成員たち。自分らしさをどこで発揮できるだろうか。

「わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。」

イエスの名によって願うということが大切である。何を願いましょうか。

 日々願う祈りの中に自分の召命を全うできますようにと祈ることが肝要である。

 

第一朗読  使徒言行録 1:15-1720-26

(その日、)ペトロは兄弟たちの中に立って言った。百二十人ほどの人々が一つになっていた。「兄弟たち、イエスを捕らえた者たちの手引きをしたあのユダについては、聖霊がダビデの口を通して預言しています。この聖書の言葉は、実現しなければならなかったのです。ユダはわたしたちの仲間の一人であり、同じ任務を割り当てられていました。詩編にはこう書いてあります。

 『その住まいは荒れ果てよ、そこに住む者はいなくなれ。』

また、『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』そこで、主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、主の復活の証人になるべきです。」そこで人々は、バルサバと呼ばれ、ユストともいうヨセフと、マティアの二人を立てて、次のように祈った。「すべての人の心をご存じである主よ、この二人のうちのどちらをお選びになったかを、お示しください。ユダが自分の行くべき所に行くために離れてしまった、使徒としてのこの任務を継がせるためです。」二人のことでくじを引くと、マティアに当たったので、この人が十一人の使徒の仲間に加えられることになった。

 

福音朗読  ヨハネによる福音書 15:9-17

(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。

これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」

 

« わたしにつながっていなさい | トップページ | 使徒会議の決議文 »

コメント

「あなたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたを選んだのである」
「私にはできません」と言いたくなることが多いですが、それは自分が強いからで、本当に謙虚になるならば、逆に、私を選んだ方におまかせし、引き受けることになるのかなと思いました。「自分の役目を全うできますように」と日々お祈りしたいと思います。

「友のために自分の命を捨てること」とは、私にとってどういうことなのか。
「自分を生きること」と「自分の使命、召命を生きること」との違い、つながり。
新しい掟、新しい生き方に招かれていることを考えさせられます。

ヨハネによる福音書の、イエスの熱いことばには胸を打たれます。 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと・・・・任命される。緊張するお言葉です。 ここでは、実を結ぶ に特別の意味があるのでしょうか。 
使徒言行録の中にまた登場したユダの果たした役割についても、色々なことが気になりました。       

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしにつながっていなさい | トップページ | 使徒会議の決議文 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30