無料ブログはココログ

« あなたがたはもうわたしを見なくなる | トップページ

2020年5月22日 (金)

誰にも奪われない喜び

5月22日 復活節第6金曜日

「今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。」

イエスは御自分の死を目前として弟子たちに遺言を残す。イエスは無残な死と遂げなければならなかった。弟子たちはどんなにか驚き悲しみ躓いたことだろう。しかし、十実刑の三日にイエスは復活して弟子たちの前に現れる。このイエスの復活という出来事の上にキリスト教の成立がある。結局キリスト教徒とはナザレのイエスの復活への信仰である。復活してイエスが生きていて世の終わりまでわたしたちと共にいてくださるという信仰の上にキリスト教の教会は成立し存続し宣教をしている。この喜び、それは地上のいかなる幸せが与える喜びではない。復活してキリストから来る喜びである。復活の証人となることこそすべての信者の使命である。

 第一朗読  使徒言行録 18:9-18
(パウロがコリントに滞在していた)ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」パウロは一年六か月の間ここにとどまって、人々に神の言葉を教えた。
ガリオンがアカイア州の地方総督であったときのことである。ユダヤ人たちが一団となってパウロを襲い、法廷に引き立てて行って、「この男は、律法に違反するようなしかたで神をあがめるようにと、人々を唆しております」と言った。パウロが話し始めようとしたとき、ガリオンはユダヤ人に向かって言った。「ユダヤ人諸君、これが不正な行為とか悪質な犯罪とかであるならば、当然諸君の訴えを受理するが、問題が教えとか名称とか諸君の律法に関するものならば、自分たちで解決するがよい。わたしは、そんなことの審判者になるつもりはない。」そして、彼らを法廷から追い出した。すると、群衆は会堂長のソステネを捕まえて、法廷の前で殴りつけた。しかし、ガリオンはそれに全く心を留めなかった。
パウロは、なおしばらくの間ここに滞在したが、やがて兄弟たちに別れを告げて、船でシリア州へ旅立った。プリスキラとアキラも同行した。パウロは誓願を立てていたので、ケンクレアイで髪を切った。

福音朗読  ヨハネによる福音書 16:20-23a
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「はっきり言っておく。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。女は子供を産むとき、苦しむものだ。自分の時が来たからである。しかし、子供が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはやその苦痛を思い出さない。ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。」

 

 

« あなたがたはもうわたしを見なくなる | トップページ

コメント

パウロは常にイエスと共にあって、守られ導かれ、特に「語り続ける」という役目をまかさられた方だったのだなと思いました。
イエスと「再び会う時」は「心から喜ぶ時」そしてその喜びは誰からも奪い去られることはない。とても力強い励ましです。
イエスと自分の肉親、知人を置き換えて理解するのは間違いかもしれませんが、もしこの世を去った、自分にとって大切な人達と再び会うことを想像すると、それはもうこの上ない喜びです。

「復活してイエスが生きていて、この世の終わりまでわたしたちと共にいてくださる」という信仰をもっと強めたいです。

お説教の、「キリスト教徒とはナザレのイエスの復活への信仰である」 というお言葉をもう一度心に刻みたいと思います。
ヨハネの福音書のイエスの言葉をよく味わいたいと思います。。
使徒言行録では、パウロの宣教は困難を伴うものであったが、神の力、主の言葉によって支えられていたことがよく伝わります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたがたはもうわたしを見なくなる | トップページ