無料ブログはココログ

« 「地の塩の箱」を知っていますか? | トップページ | 聖バルナバ使徒 »

2020年6月10日 (水)

旧約を完成するイエス

610日 年間第10水曜日

 福音朗読  マタイによる福音書 5:17-19
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。はっきり言っておく。すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることはない。だから、これらの最も小さな掟を一つでも破り、そうするようにと人に教える者は、天の国で最も小さい者と呼ばれる。しかし、それを守り、そうするように教える者は、天の国で大いなる者と呼ばれる。」

 今日の福音朗読でイエスは言われた。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。」

「律法や預言者」とは旧約聖書の教え全体を指すと思われる。イエスは旧約聖書の精神を展開させ純化し、預言として述べられていたことの意味を明らかにし、旧約聖書全体を完成するために来たのである。旅人の姿でエマオへの弟子に現れたイエスは「モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、ご自分について書かれていることを説明された」(ルカ2427)のだった。

64日 年間第9木曜日の説明で述べたように、旧約聖書には613の掟を数えることが出来るという説があるくらい掟の数は多い。しかしイエスはわたしたちに新しい掟を残したのである。それは「互いに愛し合いなさ。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(ヨハネ1334)という掟である。

使徒パウロもローマ書の中で言っています。

人を愛する者は、律法を全うしているのです。「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」、そのほかどんな掟があっても、「隣人を自分のように愛しなさい」という言葉に要約されます。愛は隣人に悪を行いません。だから愛は律法を全うするのです。(ローマ138-10)

 さて、旧約聖書には祭儀の執行に関する詳しい規則が定められているが(レビ記など参照)、新約の記念の祭儀ミサが定められたのに伴い、そのような規則は必要でなくなった。また福音が異邦人に広まるに際しユダヤ人にだけ定められていた食物禁忌の規則も廃止された。(使徒言行録10章参照)

―――

第一朗読  列王記 上 18:20-39
(その日、)アハブはイスラエルのすべての人々に使いを送り、預言者たちをカルメル山に集めた。エリヤはすべての民に近づいて言った。「あなたたちは、いつまでどっちつかずに迷っているのか。もし主が神であるなら、主に従え。もしバアルが神であるなら、バアルに従え。」民はひと言も答えなかった。エリヤは更に民に向かって言った。「わたしはただ一人、主の預言者として残った。バアルの預言者は四百五十人もいる。我々に二頭の雄牛を用意してもらいたい。彼らに一頭の雄牛を選ばせて、裂いて薪の上に載せ、火をつけずにおかせなさい。わたしも一頭の雄牛を同じようにして、薪の上に載せ、火をつけずにおく。そこであなたたちはあなたたちの神の名を呼び、わたしは主の御名を呼ぶことにしよう。火をもって答える神こそ神であるはずだ。」民は皆、「それがいい」と答えた。
エリヤはバアルの預言者たちに言った。「あなたたちは大勢だから、まずあなたたちが一頭の雄牛を選んで準備し、あなたたちの神の名を呼びなさい。火をつけてはならない。」彼らは与えられた雄牛を取って準備し、朝から真昼までバアルの名を呼び、「バアルよ、我々に答えてください」と祈った。しかし、声もなく答える者もなかった。彼らは築いた祭壇の周りを跳び回った。真昼ごろ、エリヤは彼らを嘲って言った。「大声で呼ぶがいい。バアルは神なのだから。神は不満なのか、それとも人目を避けているのか、旅にでも出ているのか。恐らく眠っていて、起こしてもらわなければならないのだろう。」彼らは大声を張り上げ、彼らのならわしに従って剣や槍で体を傷つけ、血を流すまでに至った。真昼を過ぎても、彼らは狂ったように叫び続け、献げ物をささげる時刻になった。しかし、声もなく答える者もなく、何の兆候もなかった。
エリヤはすべての民に向かって、「わたしの近くに来なさい」と言った。すべての民が彼の近くに来ると、彼は壊された主の祭壇を修復した。エリヤは、主がかつて、「あなたの名はイスラエルである」と告げられたヤコブの子孫の部族の数に従って、十二の石を取り、その石を用いて主の御名のために祭壇を築き、祭壇の周りに種二セアを入れることのできるほどの溝を掘った。次に薪を並べ、雄牛を切り裂き、それを薪の上に載せ、「四つの瓶に水を満たして、いけにえと薪の上にその水を注げ」と命じた。彼が「もう一度」と言うと、彼らはもう一度そうした。彼が更に「三度目を」と言うと、彼らは三度同じようにした。水は祭壇の周りに流れ出し、溝にも満ちた。献げ物をささげる時刻に、預言者エリヤは近くに来て言った。「アブラハム、イサク、イスラエルの神、主よ、あなたがイスラエルにおいて神であられること、またわたしがあなたの僕であって、これらすべてのことをあなたの御言葉によって行ったことが、今日明らかになりますように。わたしに答えてください。主よ、わたしに答えてください。そうすればこの民は、主よ、あなたが神であり、彼らの心を元に返したのは、あなたであることを知るでしょう。」
すると、主の火が降って、焼き尽くす献げ物と薪、石、塵を焼き、溝にあった水をもなめ尽くした。これを見たすべての民はひれ伏し、「主こそ神です。主こそ神です」と言った。

« 「地の塩の箱」を知っていますか? | トップページ | 聖バルナバ使徒 »

コメント

「イエスは旧約聖書の精神を展開させ、純化し、預言として述べられていたことの意味を明らかににし、預言全体を完成するために来た。」

613もの旧約の掟。旧約聖書に書かれていることを学び、熟知しつくしたイエスが読み解いた預言の意味は、「互いに愛し合いなさい」という全く新しい、シンプルですが、人間にとってもっとも根源的な掟でした。
それが、2000年もたった今の私たちにも、大切な真理としてつながっている、ということはすごいことだと改めて感じました。

律法と預言者は旧約聖書の教え全体を指すもの。イエスは、旧約聖書の精神を展開させ純化し預言として述べられていたことの意味を明らかにしようとした。 イエスはさらに新しい掟を残した。「互いに愛し合いなさい、わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい」。これはすべての律法を全うするものである。
旧約聖書を最初から丁寧にお教えいただき、ここまで来られた喜びを感じながら今日のお説教を拝読いたしました。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「地の塩の箱」を知っていますか? | トップページ | 聖バルナバ使徒 »