無料ブログはココログ

« イエスは福音を宣べ伝え癒された。 | トップページ | あなたの軛は何ですか »

2020年7月 7日 (火)

使徒の派遣

202078()、年間第14水曜日

 イエスは12人を使徒とし、汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすための権能を授けて、イスラエルの家に派遣した。異邦人への派遣は後日のことであった。

12人の中にはあとでイエスを裏切ったユダも含まれている。イエスは自分を裏切るものも選ばれたとは、ふかく考えさせらる。

  

福音朗読  マタイによる福音書 10:1-7
(そのとき、)イエスは十二人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすためであった。十二使徒の名は次のとおりである。まずペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、フィリポとバルトロマイ、トマスと徴税人のマタイ、アルファイの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモン、それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。
イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリア人の町に入ってはならない。むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。

 

« イエスは福音を宣べ伝え癒された。 | トップページ | あなたの軛は何ですか »

コメント

イエスは12人の使徒に、汚れた霊を追い出しあらゆる病気や患いを癒す権能を授けて、イスラエルに派遣した。使徒たちは、イエスご自身が神から与えられた権能と同じ権能を授けられたということでしょうか。使徒たちがキリスト教にどんなに大きな貢献をしてきたかということをあらためて思います。そしてイエスと弟子たちは深い絆で結ばれ、それぞれにイエスの深い愛が注がれていたことが想像できます。イエスは、ユダのことも、どこかで理解していたのでしょうか。
イエスの命令は、「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリアの町に入ってはならない、むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。」でした。 混乱した社会の中で、道を見失っているイスラエルの人々に神の国が近づいたことを告げるようにとのイエスの熱い思いが伝わってきます。

ホセアの預言が、コロナの今、響きます。
「恵みの業をもたらす種を蒔け
愛の実りを刈り入れよ。
新しい土地を耕せ。
主を求める時が来た。
ついに主が訪れて
恵みの雨を注いでくださるように。」

「イエスを裏切ったユダ」と書かれていますが、ユダもイエスから「汚れた霊に対する権能」を授けられ、行動を共にしていたわけです。「裏切り」に至るまでのユダの気持ちの動き、それを見ながら共にいるイエスの気持ちはどんなだったろうと思います。

ユダはトマスのように「この手をわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」という風には言えなかった、イエスに信頼しきれなかった、のかなと思いました。
ユダもイエスに信頼出来たらよかったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イエスは福音を宣べ伝え癒された。 | トップページ | あなたの軛は何ですか »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31