無料ブログはココログ

« 西田幾多郎の『善の研究』について | トップページ | 山川草木悉皆成仏 »

2020年8月15日 (土)

自己証明について

悪についてのささやかな考察 その四 に替えて「自己証明について」という随想を掲載します。

 

自己証明について―――被昇天祭に想う(悪についてのささやかな考察、その四に替えて)

 

今日2020年8月15日はカトリック教会では聖母マリアの被昇天の祭日です。教皇ピオ十二世は、聖母の被昇天をすべての信者が信ずべき教義であると宣言しました。マリアは無原罪に宿った方であり、その身体は死後腐敗する事なく天に挙がられた、と教えています。

さて、このところ偉大な日本の哲学者、西田幾多郎の思想に悪戦苦闘しています。難しいです。とても西田の著書を解読するには至りません。いまぼんやりと思うことを以下に記してみます。

西田幾多郎は1945年、終戦の8月15日を前にして6月7日に亡くなっています。75歳でした。明治・大正・昭和の激動の時代を生きました。八人の子供に恵まれましたがそのうち五人に先立たれていますし、最初の妻にも五年間の病床を経て先立たれています。家族についてだけでも、悲しみの体験の多い日々を過ごしています。

昔、司祭になるための勉強で、哲学を学びましたが、今思い出すのは、次の命題です。

「哲学の初めは驚きである。」

驚きはadmiratio という言葉でした。むしろ感嘆というべきかもしれません。この世界には驚くべき素晴らしいことで満ちている、という内容ではなかったかと思います。しかし、西田にとって哲学の動機は悲哀という事でした。人生の途上で遭遇する数々の哀しい出来事が彼をして人生の意味への思索へと駆り立てたのでした。彼は座禅をする人であり、また浄土真宗に深く帰依する人でしたが、あくまでも哲学者として、人生の困難な問題に取り組みました。彼の哲学論文はその悪戦苦闘の記録であります。もちろん宗教を信じる者にとって信仰は人生の苦難を克服するための慰めであり支えであります。そこに自分を託しさえすれば、思索によって苦闘する必要はないでしょうに、彼は人間として極限までこの問題、人生の真実を見つめ理論化しようと努めたようであります。

 

さて、『善の研究』で西田は、「善とは真の自己と出会う事である」と明言しました。以後、彼は「如何にしたら真の自己と出会うことが出来るか」という課題に取り組んでいきました。「真の自己に出会う、真の自己を知る」とは東洋の哲学並びの宗教の深く求めた課題ではなかったでしょうか。

人は自分を直接見ることが出来ません。鏡に映して自分の顔を見ます。鏡に映る自分はその時の自分の姿です。しかし、左右が反対になっていたりして、歪んで写ったりして、完全にそのままの自分を正確に映しているわけではありません。

そもそも自分とは何でしょうか。生まれたばかりの幼児には自分と他の人間との区別はありません。母と一体の存在です。次第に自分と自分の外との関係を知るようになりママス。自分を母との関係を知り、家族、そして、外界との関係を漠然と知るようになります。人は自分と自分以外の人とのかかわりの中で自分を位置づけしています。

仮にここに一人の男性がいるとします。彼が結婚していれば、妻に対して「夫」という立場になります。彼のことを妻は何と呼ぶでしょうか。もし子どもができれば、いつの間には妻は夫を「お父さん」と呼ぶようになります。夫が自分の父ではないことは十分に承知しているのですが、それでも自分の立場を子どもに置き替えて「お父さん」と呼ぶ場合が多いのです。もちろん夫は自分の子供に向かっては自分を、「お父さん」と呼びようになることが多いです。それは子どもにとって自分が何であるかを無意識にでも考慮しての言い方でしょう。

もし彼が教師をしているとすれば、彼は教室では自分のことを「先生は、昨日は都合によって授業を休みました。」というかもしれません。

もし彼が会社員であれば、上司に向かって自分のことを「わたしは」というでしょうか。そうかもしれないが、そういわないで、主語を書略して、直接相手の肩書を呼ぶことが多いと思います。「わたし・岡田は」ということも出来ますし、相手の上司に向かっては、その人の肩書をつけて呼び掛け、例えば「田中課長」とか「渡邊社長」とかという事ができます。日本語では、相手がだれであって何時も不変の独立した「わたくし」という言い方は通常していないのです。しばしば主語は省略されますので、人は前後の文脈から、主語が誰であるのか、を察しなければならないのです。誰が誰に何故何を言うのか、というような論理的な話し方は敬遠されます。角が立って聞き難いのです。

 

人は自分を直接見ることが出来ない。直接知ることが出来ない。他者に映った自分を通して自分を知るのです。家庭で子どもが見る父の姿と、社員が会社で見る、社長である父親の姿はかなり異なった物でありましょう。

人は他者を何時も、その立場から、肩書のある人として見ているのです。人を紹介する時も、某大学文学部哲学科准教授、という肩書で紹介すると、何となく、その人のイメージが浮かんできます。人はすでの、その肩書への理解を持っていて、その理解の枠の中でその人を理解するようにするのです。

 

人は同じ人でもその役割・立場の違いにより、いろいろな顔を持っているという事が分かったとして、それでも、いつでも、どんな場合でも変わらない自分とは何でしょうか。そもそも人はその身体からして刻々新陳代謝して変化しつつある存在ではないでしょうか。それは昨日の自分と今日の自分とは同じ自分であるのか。同じであるが違う、違うが同じ、という事になるのでないか。

例えば人は他者と契約します。買い物がそうです。何々を幾らで売り買うという約束をするとして、日にちが経ってしまうと、その約束はそのまま有効でしょうか。普通は有効期間を定めています。もし違う人間となるのでしたら何も約束出来ないことになります。人の状態は日々変わることを互いに諒解しながら、特段のことについては、期間を区切って、有効な契約として、信頼をもって実行することを互いに前提としているのです。

 

人は自分が変わらない自分であるという自己証明をどうするのか。最近、証明するための書類(ないしそのコピー)の提出を求められることが増えました。マイナンバー、運転免許証、パスポート、健康保険証などをもって、自分は東京文京区に居住する岡田武夫という住民であることを証明しなければならないのです。住民であることはそのようにして証明できますが、人は、住所、所属、肩書などを離れて存在する自分をどう証明するのでしょうか。

 

人は自分で自分を証明できないのです。電話をかけて、「あの、わたしですが何々さんいますか。」と訊ねても、電話で応対する人が電話してきた人を知らなければ、「どちら様ですか。」と誰何することになります。自分は自分であることを知っていて、それ以上当然のことはないのですが、それは相手には通じないのです。自分は岡田武夫という国民であることは国家に証明したもらうほかありません。

日本国籍を持つ者は一億二千万人はいるでしょう。自分はその中の一人に過ぎないのです。唯一無二の自分であることをどう自覚できるでしょうか。理論的に言って、自分という人間は、かつてなかったしこれからも現れないはずの存在です。唯一無二の自分を唯一無二としてくれるのは何か。自分で自分を証明しても、その証明している自分を誰が証明するのか。

例えば、岡田武夫-1という人がいます。その同じ岡田が岡田-2を証明します。するとその岡田を証明した岡田―2は誰が証明するのか。そこで岡田―3が必要になります。するとその岡田―3を証明する岡田―4が必要になります。かくて無限に自己証明の連鎖が遡ることになるのです。かくして、同じ岡田が同じ岡田を証明できないということになります。ではどうしたらよいのでしょうか。

結局、人を証明するのは人を超越した存在である超越者(例えば神)でなければならないでしょう。キリスト教の場合は、イエス・キリストという存在が、父である神へ取り次いでくださる仲介者であると考えられています。先日、聖クララの手紙を読みましたが、聖クララは主イエスをわたしたちの聖なる鏡と呼んでいます。

西田幾多郎はこの問題をどう解決したのでしょうか。彼は、真の自分を映す鏡を想定いします。その鏡を「場所」と呼んでいます。ではこの場所とは何か。場所とは、自分を空しくして映し出す場所です。その「場所」の理解は難解です。あらためて次の機会に考察してみましょう。

 

さて自己同一の証明です。同じ自己でありながら自己の中には、対立と葛藤があります。人は自分が秩序正しく統一された存在ではないと感じます。第一に病気ということがあります。病気は身体の秩序に乱れです。心の問題があります。人の心は、憎しみ、恨み、妬み、不安、乱れた欲情で揺れ動いています。人はしばしば平和に収まることから遠ざけられているのです。同じ自己でありながら自己の中に矛盾があり、調和がない。西田の有名な「絶対自己矛盾的自己同一」という難しい用語はこの人間の矛盾をも含む状態を指しているのでしょうか。

« 西田幾多郎の『善の研究』について | トップページ | 山川草木悉皆成仏 »

コメント

大司教様
つい先日、私も、
家でサメのぬいぐるみを見ながら、
「この子は新しくなることはないけど、人間はお風呂で丸洗いも出来るし、細胞も3年で全部新しくなるんだよなぁ」ということを考えていました。
そう思うと、いくつになっても人間は新しいんですよね。

今日は代母と電話で大司教様の話をしました。大司教様の身体の細胞も新陳代謝して毎日新しくなってますよ!!

『人は自分で自分を証明できないのです。』
とあり、日本に戸籍のない人が1万人以上いるという記事をだいぶ前に読んだことを思い出します。そして、ご自身の体験からその問題に取り組んでいる井戸まさえさんのことを知りました。
また、「誰も知らない」(是枝裕和監督)の映画も記憶に新しいところです。

実は、今まで当たり前に身分を証明できると思っていただけに、自分が自分であることを自分では証明できないという事実にも驚かされます。

ずいぶん昔になりますが、わたしは「本当の自分になりたい」と子供のようにこだわり続けていた頃がありました。自分が何のためにこの世に存在するのか?という意味を求めていたような気がしますが・・・。
そのころ、いつか自分の生涯が終わるときパウロの言う「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔を合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。」(Ⅰコリント13:11~13)と諭されたことがあります。
「そもそも自分とは何でしょうか。」との問いも考え続けていますが、他者との関係性によって自分の立場が変わるとの個所を読み、司教様の最初の著書「宴への招き」をもう一度読まなくてはと思いました。
子どものころは川辺で遊び、清い水の流れを飽かず眺めながら、今一瞬に通り過ぎていく川の水は、もう再び戻ってはこない。と不思議な時の流れを感じていたものです。
昨日あった自分は今日の自分ではない。明日の自分は今日の自分ではない。
今は闇の中を歩みつつも、悪を退け、暗闇を照らす光に導かれ歩んでいきたいものです。

善と悪、罪と悪についての考察は、もつれ絡みあった糸を解きほぐすかのような困難な作業に取り組まれていらっしゃいますが、何十年も同じテーマを繰り返しながら、さらに、新しい道を切り開かれていかれるのではないかと思います。
次の著作の出版が楽しみです。


聖母マリアの被昇天というカトリックの教会の教義についてお教えいただきありがとうございます。あらためて信じるということの意味を想いました。
『善の研究』は、西田幾多郎が人生の途上で遭遇した数々の苦しい出来事や悲哀を極限まで追求し、人生の真実を知り理論化しようとしたことによって生まれたことを知ると、いろいろな感慨が湧きます。自分が家族から伝え聞いたその時代の家族の苦難の話まで思い出してしまいます。
善とは真の自己と出会うこと、それなら、どうしたら真の自己に出会うことができるのか、
直接見ることはできないが、生まれてから次第に自分と自分以外の人との漠然とした関わりの中で自分を位置づけること。
人は自分で自分を証明できない。これまで考えたこともないことでした。
結局証明するのは超越者、キリスト教の場合はイエス・キリストという存在である。
自己同一の証明について、おなじ自己でありながら、対立と葛藤がある。統一された存在ではない。心の問題があり、様々な感情で揺れ動いている、自己の中に矛盾があり、調和がないからである。
このように仰っていただき、自分の現実を知ることができました。 
聖クララの手紙もいつか読んでみたいと思いました。

自分のことを一番知らないのが自分ということ、とても実感しています。
あなたは誰ですかと言われて、すぐに答えられない私ですが、自分以外の人の中に自分を置いて、初めて今の自分の一面を見せられることが多々あります。時に見たくない自分も見ることになり、それが自分のありのままであることを認めたくなくて、避けたくなる自分もあり、心がよく動きます。
私のことを一番よくご存知の方、その御手の中にいるのも自分であることを、いつも心に留めたいと願っているのですが…
日々そんな自分と葛藤しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西田幾多郎の『善の研究』について | トップページ | 山川草木悉皆成仏 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31